全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

新種のアザミ「カリウスアザミ」と命名【標津】

一般的なアザミ(左)とカリウスアザミ。総苞片が少なく、太いのが特徴(標津町ポー川史跡自然公園提供)

 町内の史跡標津遺跡群伊茶仁カリカリウス遺跡指定地内の湿地に自生するアザミ属の花の一部が新種だと確認され「カリウスアザミ」と命名された。湿地に自生する従来のアザミに比べ花が集まる部分が太く数が少ないのが特徴。自然保護活動を40年続けている町は、長年の活動の成果の有益性と湿地の価値を再確認している。

 新種のアザミは2013~15年度に同指定地内での天然記念物標津湿原保存対策調査で見つかり、町が国立科学博物館の門田裕一氏に同定を依頼した。17年7月に標本を採取し調べた結果、新種だと判明し今年6月学会誌に報告された。

 学名「Cirsium yachiyotakashimae Kadota,sp. nov.」は、発見した高嶋八千代氏(釧路市在住)、和名は発見場所にちなみそれぞれ命名された。  花を包む「総苞」を構成する葉のような形状の総苞片の列数が少なく太いのが特徴といい、従来のは10列前後が多いがカリウスアザミは6~7列と少なく、道内で同じ総苞片数のチシマアザミより総苞が太い。

 生育環境も特徴的で、湿地を好む従来のアザミは日当たりの良い場所に生えるが、カリウスアザミはうっそうとした落葉広葉樹林の林床に生えている。門田氏は「このような環境に生えるアザミはほかになく著しい特徴」としている。

 町ポー川史跡自然公園の小野哲也学芸員は「新種発見は長年の努力の成果で喜ばしい。今後は分布範囲を調査し保護方法を検討したい」と話している。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク