全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

フェニックス戦を凱旋実況

真剣なまなざしで実況する横田アナ=豊橋市総合体育館で

 豊橋市出身のフリーアナウンサー・横田光幸さん(38)が、豊橋市総合体育館で27、28両日に開催された男子プロバスケットBリーグの三遠ネオフェニックスと富山グラウジーズの試合をスポーツ系インターネット配信サイト「スポーツナビ」による生中継で実況した。  横田さんは県立豊橋東高校から静岡大学へ。卒業後は民放系列の青森テレビ、テレビ信州と渡り歩き、ニュースキャスターやワイドショー中継、スポーツ実況などで活躍。今は豊橋を拠点に置き、スポーツを中心に婚礼司会まで、声を生かして多彩に活動している。  今回は、古巣でのスポーツ実況をきっかけに依頼が舞い込み、初めて地元で三遠の試合を凱旋(がいせん)実況することになった。  初日、少し緊張気味だったという横田さん。それでも、独自に整理した資料を手元に、各選手の得点やファウル数など細かい情報も逃さずメモし、めまぐるしく変動する試合展開を追いながら「富山の皆さんも面白く感じられように、公平な目線で会場の温度感や試合の面白さを正しく伝えること」(横田さん)を心掛けつつ、戦況を伝えた。  試合後、「地元で実況するのは初めてだったのでとても新鮮でした」と感慨深そうに語った横田さん。「故郷にプロスポーツチームが誕生したことはうれしく、そのチームの実況ができるのは光栄なこと」と話し、実況中は“豊橋”という言葉も初めて発した。  横田さんは2月3、4両日、同体育館で開催される三遠の試合も同サイトの生中継で実況する予定。「バスケットは見応えのあるスポーツ。会場の熱が一気に上がる感覚は自然とテンションも上がるので、実況にも力が入ります。(次に向けて)まだまだ力をつけなきゃならない。状況を的確に整理して伝えられるよう反応速度を上げていきたい」と意気込みを話した。

関連記事

長野日報社

赤く染まる横谷観音展望台 紅葉が見頃に

 茅野市蓼科中央高原の紅葉が見頃を迎えた。横谷渓谷を眼下に望め、市街地が遠望できる横谷観音展望台(標高1600メートル)はカエデ類が色鮮やかになっている。  同高原観光案内所によると、最近の...

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク