全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

自転車のトッププロの走り間近に、ライドフェスタ

プロレーサーたちのし烈な戦い(パークロード特設コースで)

 総合自転車イベント「オールヤマグチ・ライドフェスタ―維新やまぐちクリテリウム」が16日、県庁前のパークロード特設コースで開かれた。国内最高峰のロードレース「Jプロツアー」をメインに、サイクリングやキッズバイク体験などもあり、多くの来場者が自転車の魅力を満喫した。県を挙げてサイクル・スポーツの普及を推進するプロジェクト「サイクル県やまぐち」の一環で、県や県自転車競技連盟などでつくる総合サイクルイベント実行委員会と全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)が主催した。レースは県立山口博物館―山口市役所間の公道コース(1周1・3キロ)で行われた。プロライダーはもちろん、小学生クラスやレディースクラスといった一般部門も設けられ、約300人がレースを体感した。

 40周52キロの長丁場で競うJプロツアー第19戦には95人がエントリー。沿道から多くの人が観戦し、最高時速70キロに達するプロライダーの走りに目を見張りながら声援を送ったり、カメラのシャッターチャンスを狙ったりしていた。チームで隊列を組んでの頭脳戦が展開され、ゴール手前で抜け出したシマノレーシングの黒枝咲哉選手(22)がプロ転向後初の優勝を飾った。一般クラス(13周)では、下関西高自転車競技部の篠崎蒼平選手が準優勝した。Jプロツアーのレース前に行われたパレードランでは、大会参加者や一般市民に交じって村岡嗣政知事もコースを走行した。維新やまぐちクリテリウムは2016年から始まり、初回のレースは豪雨の中で実施、昨年の第2回大会は荒天で中止になっており、初めて好天の下での開催となった。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク