全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

半世紀ぶりガタンゴトン

田口線廃線50年イベントでトンネルに豆電車走る

 設楽町で2日、田口線(豊橋鉄道田口線)跡となっている町道を舞台にしたイベントが行われた。50年前まで鉄道が走っていたトンネルでは線路が敷かれて豆電車の乗車会が行われたほか、かつて駅のあった清崎-三河田口間で廃線跡を散策し、約500人が参加した。  町民グループ「田口線50の会」(石井峻人会長)が主催。新城市の長篠と同町田口を結んでいた田口線が廃線となって50年を迎え、終点だった三河田口駅周辺は設楽ダム工事により今年で見られなくなることから企画した。  三河田口駅から南1㌔にある第1トンネルは道路が舗装されて町道となっている。イベントではトンネルの南北200㍍にわたって線路を敷き、豆電車を走らせた。  かつて住民らの足となっていた車両「モハ37形」は8・4分の1スケール、貨物車をけん引していた機関車「デキ53」は5・6分の1として“復活”し、参加者らを乗せて走った。トンネル内では「ガタン、ゴトン」と走行音が響き渡った。  豊橋市多米中町から訪れた会社員・内田康夫さん(67)は「小学2年生の時に設楽の親せきを訪ねて電車に乗ったことを思い出します。レトロな雰囲気が良いですね」と話した。  イベントは廃線50年となった1日から2日連続開催だった。石井会長(34)は「駅に別れを告げたり、トンネル内で上映会も行って多くの人たちに支えられて実現できた。これからも田口線が走っていたことを次世代につなぐ活動を続けたい」と感想を述べた。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク