全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限定運行

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行する予定。誕生日ケーキを見詰めたり、雪遊びを楽しそうに眺めたりするとまチョップの絵が目を引く。

バスの車体に「とまチョップ」のイラストを描く生徒たち=27日、道南バス苫小牧営業所

 とまチョップ生誕10周年を記念して道南バスが企画し、市まちづくり推進課が市内中学校、高校の美術部に協力を呼び掛けて実現した。ペンキやはけなどは地元企業の寺石商事、セルオートが無償提供した。

 明野中、東中、工業高、東高、西高の5校がバス両側7カ所を2・5メートルずつ区切り、手分けして作業。出入り口の左面3カ所を明野中、東高、西高が、右面4カ所を東中、明野中、東高、工業高が担当した。

 各校は11月上旬から急ピッチで絵のイメージを練り、27日、生徒約20人が道南バス苫小牧営業所(新開町)で作業を開始。生徒たちは事前に考えた絵のイラスト案を見たり、プロジェクターで車体に下書きを投影したりしながら描き進め、ペンキで色を塗った。

 学校ごとにデザインしたとまチョップはシマエナガとのツーショットや雪だるまの横に立つ姿などさまざまで「すてきな絵ばかり。走っているバスを早く見たい」と明野中2年の嶋津花帆さん(13)。西高校の2年輝川顕さん(17)も「面白いバスになった」と満足そうだった。

 車内には苫小牧ふたば幼稚園の年長園児49人が描いたとまチョップの絵を飾り付けて期間中、毎日運行路線を変更しながら走る予定。12月1日午後4時~午後6時はJR苫小牧南口で行われるとまイルスクエアに合わせ、旧バスターミナル南側に展示する。

 問い合わせは道南バス苫小牧営業所 電話0144(55)7125。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク