全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

道東道、用地買収完了 阿寒-釧路【釧路】

 

阿寒IC─釧路西IC間、釧路市鶴野の道道釧路鶴居弟子屈線を渡る陸橋の橋脚

3月の定例釧路市議会で用地収用が終了したと報告された道東自動車道の阿寒インターチェンジ(IC)─釧路西IC間(延長17㌔)について、事業主体の釧路開発建設部は本紙の取材に、全89万平方㍍の用地買収を終えたことを明らかにした。強制的に土地を取得できる土地収用法の事業認定(2018年3月)を受けて取り組んでいた。

 2014年度から工事が進む阿寒IC─釧路西ICは、整備に必要な89万平方㍍の用地で過去の原野商法によって非常に多くの地権者が存在したため、買収が難航すると見られていたが、それらの土地は、すべて任意買収で取得できたという。

 土地収用法に基づき取得したのは5筆、2万9300平方㍍だけだった。道路計画課と用地課によると、土地収用法の適用は従来、伝家の宝刀的な切り札だったが、最近は道路整備でよく用いられており、阿寒IC~釧路西ICの買収についても「北海道横断自動車道の中でも比較的、地権者の理解と協力を得られている」と説明している。

 阿寒IC─釧路西ICの用地は今年1月14日付で移転登記を完了。いよいよ早期開通が期待されるが、開通時期については「まだ説明できる段階ではない」としている。ちなみに2020年度当初予算は北海道横断自動車道の本別─釧路間(事業名)に79億円の事業費を配分している。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク