全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広・広小路の盛衰見続け半世紀 婦人服「こうえい」閉店へ

4月末に店を閉じるこうえいと(右から)前田さん、高田和子さん

 帯広・広小路商店街で1968年から営業を続けてきた婦人服販売店「こうえい」(西1南8、高田嘉純社長)が、4月末で50年の歴史に幕を閉じる。「本当は続けたいが、年齢的にも体力的にも厳しくなった」と高田社長(81)。長年、店に立ってきた妻の和子さん(75)は「お客さんと会えなくなると思うと寂しい」と話している。

 高田社長が15歳の時、先代が現在の場所に「高田呉服店」を開店。東京の大学に進み、ファッションの流行などを肌で感じて帰郷した高田社長は「これからは既製服の時代。60~70代をターゲットに婦人服を販売する」と一念発起し、父の呉服店を畳み、長く繁盛するようにと「永栄(こうえい)」と命名して店を創業した。以後、時代に合わせた服を豊富に取りそろえ、地域の人たちから愛されてきた。

 店には長年、和子さんと前田純子さん(65)=勤務歴約40年=が立ち、10年ほど前からは高田社長が病気で店に出られなくなる中、2人で現場を切り盛りしてきた。

 高田社長は閉店について「本当は続けたいが、後継ぎもおらず、年齢・体力的なこともあって話し合って決めた」と話す。和子さんは広小路を50年間見続けてきて「かつては人がにぎわい、夏になると七夕飾りがきれい。本当にいい商店街だった」と振り返る。

 同店は4月末の閉店後も在庫がなくなるまで販売は続ける。前田さんは「独身の頃から世話になり、お客さんに元気をもらいながらこの年まで育ててもらった。たぶん、寂しいとかいう感情は終わってから。今はまだ、がむしゃらに働きます」と笑顔を見せる。

関連記事

釧路新聞社

万一に備えHV車の救助訓練/釧路市消防本部

 いざという時に備え、釧路市消防本部で16日、高電圧バッテリーを搭載したハイブリッド車(HV)の救助活動時の注意点などを学ぶ研修が行われた。ガソリン車、HV車を比較しながら、車両の一部を実際に解...

故郷の歌と踊り楽しむ 在沖白保郷友会が道遊び

 【浦添】在沖白保郷友会(米盛守会長)の「道遊び」が13日、浦添市てだこホール広場で行われ、大勢の郷友とその家族らが故郷の歌や踊りを楽しみながら交流した。  在沖八重山郷友会連合会の半嶺当友会...

長野日報社

消費税率10%に不安と戸惑い 諏訪地方の声

 安倍晋三首相が2019年10月から、消費税率を8%から10%に予定通り引き上げる方針を表明した。消費者からは「生活への影響は大きい」と不安の声が上がる。生活必需品の一部は税率を8%に据え置く...

奥三河の道の駅めぐる「キャノンボール」

道交法守り設定時間に近づけるバイクイベント  新城市と北設楽郡3町村、豊田市内の奥三河にある7つの道の駅を回るバイクのツーリングイベント「オン・タイム・キャノンボール」が21日、新城市八束穂の道の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク