全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広・広小路の盛衰見続け半世紀 婦人服「こうえい」閉店へ

4月末に店を閉じるこうえいと(右から)前田さん、高田和子さん

 帯広・広小路商店街で1968年から営業を続けてきた婦人服販売店「こうえい」(西1南8、高田嘉純社長)が、4月末で50年の歴史に幕を閉じる。「本当は続けたいが、年齢的にも体力的にも厳しくなった」と高田社長(81)。長年、店に立ってきた妻の和子さん(75)は「お客さんと会えなくなると思うと寂しい」と話している。

 高田社長が15歳の時、先代が現在の場所に「高田呉服店」を開店。東京の大学に進み、ファッションの流行などを肌で感じて帰郷した高田社長は「これからは既製服の時代。60~70代をターゲットに婦人服を販売する」と一念発起し、父の呉服店を畳み、長く繁盛するようにと「永栄(こうえい)」と命名して店を創業した。以後、時代に合わせた服を豊富に取りそろえ、地域の人たちから愛されてきた。

 店には長年、和子さんと前田純子さん(65)=勤務歴約40年=が立ち、10年ほど前からは高田社長が病気で店に出られなくなる中、2人で現場を切り盛りしてきた。

 高田社長は閉店について「本当は続けたいが、後継ぎもおらず、年齢・体力的なこともあって話し合って決めた」と話す。和子さんは広小路を50年間見続けてきて「かつては人がにぎわい、夏になると七夕飾りがきれい。本当にいい商店街だった」と振り返る。

 同店は4月末の閉店後も在庫がなくなるまで販売は続ける。前田さんは「独身の頃から世話になり、お客さんに元気をもらいながらこの年まで育ててもらった。たぶん、寂しいとかいう感情は終わってから。今はまだ、がむしゃらに働きます」と笑顔を見せる。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク