全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広・広小路の盛衰見続け半世紀 婦人服「こうえい」閉店へ

4月末に店を閉じるこうえいと(右から)前田さん、高田和子さん

 帯広・広小路商店街で1968年から営業を続けてきた婦人服販売店「こうえい」(西1南8、高田嘉純社長)が、4月末で50年の歴史に幕を閉じる。「本当は続けたいが、年齢的にも体力的にも厳しくなった」と高田社長(81)。長年、店に立ってきた妻の和子さん(75)は「お客さんと会えなくなると思うと寂しい」と話している。

 高田社長が15歳の時、先代が現在の場所に「高田呉服店」を開店。東京の大学に進み、ファッションの流行などを肌で感じて帰郷した高田社長は「これからは既製服の時代。60~70代をターゲットに婦人服を販売する」と一念発起し、父の呉服店を畳み、長く繁盛するようにと「永栄(こうえい)」と命名して店を創業した。以後、時代に合わせた服を豊富に取りそろえ、地域の人たちから愛されてきた。

 店には長年、和子さんと前田純子さん(65)=勤務歴約40年=が立ち、10年ほど前からは高田社長が病気で店に出られなくなる中、2人で現場を切り盛りしてきた。

 高田社長は閉店について「本当は続けたいが、後継ぎもおらず、年齢・体力的なこともあって話し合って決めた」と話す。和子さんは広小路を50年間見続けてきて「かつては人がにぎわい、夏になると七夕飾りがきれい。本当にいい商店街だった」と振り返る。

 同店は4月末の閉店後も在庫がなくなるまで販売は続ける。前田さんは「独身の頃から世話になり、お客さんに元気をもらいながらこの年まで育ててもらった。たぶん、寂しいとかいう感情は終わってから。今はまだ、がむしゃらに働きます」と笑顔を見せる。

関連記事

「クシティの日」で関連行事 講演会や川柳表彰式

 【与那国】12月の第二日曜日は「クシティの日」。町は9日、町農業構造改善センターで「第2回クシティの日」の関連行事が行い、クシティ栽培の現状やクシティの可能性についての講演会を開いたほか、町民か...

長野日報社

「ヘルプマーク」徐々に浸透 継続的な周知大事

 日常生活で援助や配慮を必要とする人が周囲に知らせるために身に付ける「ヘルプマーク」が諏訪地域で徐々に浸透しつつある。県が7月から全県で取り組み、諏訪6市町村の福祉担当窓口と県諏訪保健福祉事務所...

荘内日報社

西郷隆盛との交流で伝わる「酒井家の鶏飯」 DCの目玉料理に

 鶴岡市の庄交コーポレーション・東京第一ホテル鶴岡は13日、明治維新後の西郷隆盛と旧庄内藩主・酒井忠篤公の交流を通じて酒井家に代々伝わる、鹿児島名物料理「鶏飯(けいはん)」を取り入れた食事メニュー「...

紀伊民報社

駅前に二偉人「そろい踏み」 弁慶像近くに盛平記念碑

 JR紀伊田辺駅前の弁慶広場(和歌山県田辺市湊)に、合気道の開祖・植芝盛平の記念石碑が移設された。仁王立ちしてにらみを利かす弁慶像と石碑。田辺三偉人のうち、「2人」が広場の両端にそろい踏みして、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク