全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「ヨイヤヨイヤ」の声勇ましく 屋鈍、久志皮切りに豊年祭 宇検村

豊年祭の始まりを告げる「振り出し」=10日、鹿児島県奄美大島の宇検村屋鈍集落

 集落の繁栄と五穀豊穣を祈る宇検村(鹿児島県奄美大島)の豊年祭が10日、久志、屋鈍両集落を皮切りに始まった。あいにくの雨天下、相撲や八月踊りが土俵で奉納された。9月15日までの約1カ月間、村内14集落で行われる。

 屋鈍集落(29世帯、57人)は奄美で最初に4本柱の土俵やぐらができたと言われ、昔から相撲が盛んな地域。同日は、その日の風向きで出発地点を決めて土俵まで練り歩く「振り出し」で始まった。

 振り出しは「トックリ」と呼ばれる大きなかめを男児が運ぶのが特徴。25人の力士たちは列をなし「ヨイヤヨイヤ」「ワイドワイド」と勇ましい掛け声を掛け合い、トックリを担ぎながら土俵入りした。

 豊年祭には近くの集落や島内外の出身者を含め、約200人が参加。初土俵入りする乳幼児や、なかなか相撲を取ろうとしない幼児らの取組に、会場からは大きな声援や拍手、笑い声があふれた。

 屋鈍は6月の大雨による土砂崩れで1カ月以上道路が通行止めになり、3週間前に規制解除になった。崎初夫区長(67)は「大変心配をおかけした。こうしていろんな方の協力で豊年祭を無事開催でき、本当にありがたい」と話していた。

 相撲の後には八月踊りが奉納され、集落にはチヂン(太鼓)の音と歌声が響いた。

関連記事

紀伊民報社

白浜空港定期便の利用好調 PRが奏功か

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)と羽田空港(東京)を結ぶ日本航空定期便の利用が好調だ。4月に白浜空港の運営を始めた南紀白浜エアポートは「1年目の実績としては上出来だが、さらに伸ばしたい」と意欲を...

宇部日報社

「歓喜の歌」高らかに 記念会館でHAPPY END2019【宇部】

 「第九『歓喜の歌』でHAPPY END2019」は15日、宇部市の記念会館であり、137人の市民合唱団と宇部市民オーケストラを中心にした管弦楽団54人の音色が、ホールいっぱいに響きわたった。第...

陸別町のキャラが菓子に たい焼き風

 商業活性化施設コミュニティプラザ☆ぷらっと内のコミュニティスペースぷらっと広場で営業する「K’Sキッチン・陸別ラーメン」は、陸別町のマスコットキャラクターをかたどった「しばれくん・つららちゃん焼...

釧路新聞社

白糠に地熱開発専門学校【白糠】

再生可能エネルギーを活用した事業で地域活性化に取り組む「町おこしエネルギー」(兵庫県加古川市・沼田昭二社長)は、地熱開発の掘削技術者を養成する全国初の「掘削技術専門学校」を白糠町の釧白工業団地内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク