全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

清水高の長屋さん大澤さん優秀賞 スイーツ全道コン

 道内高校生のスイーツコンテスト「ハイスクールパティシエロワイヤル2019」(実行委員会主催)の本選が4日、三笠市の三笠高校生レストランで行われ、清水高校の作品「十勝の雪どけ」が第2位に当たる優秀賞を受けた。同校の上位入賞は昨年に続いて2年連続。

賞状とトロフィーを手にする(左から)長屋さんと大澤さん

セコマで商品化へ
 コンテストは2回目。今回は全道から39作品の応募があり、1次審査で8作品に絞られた。

 本選では各チームが2人一組で作品の特徴をプレゼンした後、2時間半の制限時間内で調理。「モンサンクレール」(東京)など13ブランドを展開するパティシエ辻口博啓さんら5人の審査員が、味や見た目などを審査した。

 清水高チームは、昨年も出場した長屋綸真さんと大澤凱さん(ともに3年)が、牛乳ムースに小豆と生クリーム、ギモーブ(マシュマロ)を載せた菓子を作った。商品化を想定して工程をシンプルにし、ムースのとろりとした食感にもこだわった。

 会場の気温が高く、生クリームが思うような硬さにならず作り直すハプニングもあったが、2人で手際よく調理を進め、終了3分前に完成。昨年の奨励賞(3位)から一つ、順位を上げた。

 賞状とトロフィーを受け取った長屋さんは「普段と環境が違うので、本番ギリギリまで2人で考えた。入賞できてよかった」、大澤さんは「練習よりスムーズにできた。小豆の硬さや甘さもちょうどよかった」と喜びを語った。

 入賞作品は今後、セイコーマートで商品化される予定。

優秀賞を受けた「十勝の雪どけ」

関連記事

荘内日報社

「つるおか麦きり」をPR

 鶴岡名物の麦きりを観光客や市民にアピールしようと、鶴岡市麺類食堂組合(菅原原組合長)と庄内そば麦切り研鑽会(菅原原会長)などは新たに、麦きり提供店舗の目印とするのぼり旗「つるおか麦きり」を作製し...

紀伊民報社

ジオバウムが完成

 和歌山県串本町の大地が育んだ特産品のサツマイモ「なんたん蜜姫」を使ったバウムクーヘン「串本なんたんジオバウム」がこのほど完成した。27日に同町潮岬で開かれる、南紀熊野ジオパークセンターの開所式...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク