全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

清水高の長屋さん大澤さん優秀賞 スイーツ全道コン

 道内高校生のスイーツコンテスト「ハイスクールパティシエロワイヤル2019」(実行委員会主催)の本選が4日、三笠市の三笠高校生レストランで行われ、清水高校の作品「十勝の雪どけ」が第2位に当たる優秀賞を受けた。同校の上位入賞は昨年に続いて2年連続。

賞状とトロフィーを手にする(左から)長屋さんと大澤さん

セコマで商品化へ
 コンテストは2回目。今回は全道から39作品の応募があり、1次審査で8作品に絞られた。

 本選では各チームが2人一組で作品の特徴をプレゼンした後、2時間半の制限時間内で調理。「モンサンクレール」(東京)など13ブランドを展開するパティシエ辻口博啓さんら5人の審査員が、味や見た目などを審査した。

 清水高チームは、昨年も出場した長屋綸真さんと大澤凱さん(ともに3年)が、牛乳ムースに小豆と生クリーム、ギモーブ(マシュマロ)を載せた菓子を作った。商品化を想定して工程をシンプルにし、ムースのとろりとした食感にもこだわった。

 会場の気温が高く、生クリームが思うような硬さにならず作り直すハプニングもあったが、2人で手際よく調理を進め、終了3分前に完成。昨年の奨励賞(3位)から一つ、順位を上げた。

 賞状とトロフィーを受け取った長屋さんは「普段と環境が違うので、本番ギリギリまで2人で考えた。入賞できてよかった」、大澤さんは「練習よりスムーズにできた。小豆の硬さや甘さもちょうどよかった」と喜びを語った。

 入賞作品は今後、セイコーマートで商品化される予定。

優秀賞を受けた「十勝の雪どけ」

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク