全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

エゾヤマビール発売 本別・足寄

 本別、足寄、陸別3町が連携して開発したクラフトビール「エゾヤマザクラビール」の飲食店での一般提供が始まった。現在、本別、足寄町内の3店で扱われており、好評だ。

店頭販売が始まったクラフトビール

 同ビールは、3町の商工会や飲食店関係者で構成する「食ブランド構築研究会」(2017年発足、観光地域づくり連携事業)が発案。帯広ビールの十河文英さんに製造を委託した。

 3町で盛んな林業を表すエゾヤマザクラが香るように-といった要望も伝え、実際に同サクラを漬け込んで造った。アルコール度は5%。ほのかな木の香りが特徴という。

 これまでは、3町内や東京などでのイベントで披露してきたが、次の段階として飲食店で提供することにした。本別では「源すし」(北4)「おやきやTOTTE」(北3)、足寄は「居酒屋いさりび」(南2)でメニューになり、1杯600円。

 6日夜、本別町内の主婦仲間で源すしを訪れた川初陽子さんは、クラフトビールを手に「濃厚な味わいだがフルーティー、香りも、のどごしもいい」と感想を語った。

 同研究会のメンバーらが出資し、クラフトビールなどを扱う合同会社「三ツ町商会」も立ち上がり、今後はビール提供店舗を増やしたい考え。社員の一人、源すしの池田圭吾社長は「本別、足寄、陸別の町のPRが大きな目的。札幌のビール専門店にも置いてあり、広がってくれたらうれしい」と話す。

関連記事

音更小麦100%ラーメン開発 ばん馬toきのこto小麦の環

 農家や食品加工業者などで構成し、資源循環型のプロジェクトを展開する協議会「ばん馬toきのこto小麦の環」(三浦尚史代表)は、らぁめん創房藤(音更町)の協力を得て、「キタノカオリ」など町産小麦を1...

香りも瓶詰め 十勝ワインヌーボ28日解禁 池田

 今年産ブドウを原料にした新酒「十勝ワイン ヌーボ赤2019」の瓶詰め作業が19日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)の製造工場で行われた。3000本を製造し、28日に発売する。  後志...

長野日報社

玄米粉と黒豆きな粉のマドレーヌ 辰野町に新名物誕生

長野県の辰野町商工会女性部(松井夕起子部長)は、町の土産品づくりプロジェクトで、同町下辰野の菓子司・味香月堂(小澤良教店主)とともに新商品「おらが町の米(ま)どれーぬ」を共同開発した。地場産の玄...

足寄しあわせチーズ工房特別賞 全国ナチュラルチーズコン

 国産ナチュラルチーズの品評会「ALLJAPANナチュラルチーズコンテスト」(中央酪農会議主催)が10月30日、都内で開かれた。7工房が参加した十勝勢は、しあわせチーズ工房(足寄)の「茂喜登牛(モ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク