全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大樹で実験の装置搭載 はやぶさ2

大樹町で公開された「LIDAR」の実証機(2013年)

 27日午前に小惑星「りゅうぐう」に到着した小惑星探査機「はやぶさ2」には、大樹町で実験が行われた装置が搭載されている。「LIDAR(ライダー)」と呼ばれるレーザー高度計で、26日に小惑星との距離の初計測に成功し、今後は表面の科学観測や秋に予定する着陸時にも使われる。町内からは「町内で実験した装置が貢献できれば光栄」と期待の声が上がっている。

 LIDARの開発に関わる千葉工業大学によると、装置は今月、2年ぶりに立ち上げられた。レーザーを小惑星に照射し、返ってくるまでの時間から距離を測る装置で、対象との距離が25キロ以内で使用可能。26日に初めてりゅうぐうから反射した光信号を捉え、22.4キロとの計測結果が出た。

 小惑星への着陸ははやぶさ1号機で苦労した部分で、LIDARは2号機の着陸を成功させるために重要な役割を担う。受信エネルギーを測定することで、小惑星表面の物質分布の分析も行う。

 大樹での実験は2013年5月に5日間、町多目的航空公園(町美成)で行われ、1000メートルの滑走路で高度計の機能や正確性を確認した。当時航空宇宙担当の企画課長だった布目幹雄副町長は「世界的なプロジェクトの実験に町の施設が使われ、身近に感じる。装置が少しでも貢献してくれれば光栄」と話す。

 4月の町宇宙交流センターSORA(町美成)のリニューアル式典でも、来賓として訪れたJAXA宇宙科学研究所の國中均所長が、はやぶさ2の実験での大樹の貢献に触れていた。

 民間有志でつくる大樹スペース研究会の福岡孝道会長(70)は「(はやぶさ2の)ニュースに毎日注目している。無事成功してほしい」と願う。2011年には町生涯学習センターで、はやぶさ1号機の帰還カプセルが展示され、8300人が来場した。福岡会長は「また無事に帰ってきて、大樹で展示できたら」と期待した。

関連記事

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

宇部日報社

学校栄養士がはなっこりー産地見学

 はなっこりーの産地見学会は19日、山口市名田島の農園で開かれた。市内の学校栄養士6人が栽培状況の解説や農園の見学を通して、地元産農産物への理解を深めた。山口地域地物普及推進協議会(時乗佳央会長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク