全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

藤里町産の白神まいたけ使い濃厚クリームパスタ 6月から販売

一般販売を前に藤里町で紹介された「白神まいたけ濃厚クリームパスタ」と舞茸パテを挟んだ「藤里ベーグルサンド」

 県産の作物を加工してスムージーやポタージュなどを製造販売している「ひなたエキス」(本社・秋田市、須崎裕社長)が、藤里町産のマイタケを使った新商品「舞茸パテ」を開発し、「白神まいたけ濃厚クリームパスタ」として秋田市内の店舗で提供する。一般販売を前に28日に藤里町で町民に披露した。

 ひなたエキスは、シイタケやイチゴなど県産作物を農家と直接取引してポタージュ、スムージーなどに加工して販売しているが、県内各市町村の素材でさらに新商品を開発しようと、藤里町では白神まいたけに注目。まいたけセンターで生産されるマイタケのうち、商品として利用されることがほとんどなかったマイタケの軸の部分を使って試行錯誤した結果、パテにたどり着いた。
 白神まいたけは強い旨味(うまみ)と芳醇(ほうじゅん)な香りが特徴で、パテにすることで旨味がさらに凝縮された。「白神まいたけ濃厚クリームパスタ」は、パテにしたマイタケの旨味と香りがクリームソースと複雑に絡み合うことで、これまでの多種多様なパスタになかった一品に仕上がっている。
 一般販売を前に産地の藤里町の人たちに紹介しようと、キッチンカーでパスタと舞茸パテを挟んだベーグルを販売すると、ゆかりの食材を使った新しい料理を食べてみようと多くの町民が訪れ、そのおいしさを確かめた。
 須崎さんは「クラッカーに乗せて食べたり、酒のアテにしたり、そのまま食べても、アレンジしてもいいと思う」と話したほか、「横手のリンゴ、雄物川のスイカなど秋田県の人には当たり前過ぎて気付かなかった価値や新しい楽しみ方を提案できれば」とも語り、藤里町特産の白神まいたけの魅力とおいしさを紹介したいとした。
 白神まいたけ濃厚クリームパスタ(税込み1千円)は6月から秋田市内の各店舗で提供を始めるほか、土産にもなる舞茸パテは、夏をめどに商品化を目指している。
 町のマイタケ事業を担当する町商工観光課は「マイタケの軸の部分はこれまで引き合いが少なかったが旨味は変わらないため、唐揚げなどで食べることを提案して産直施設にも出荷しているが、本格的な利用には至っていない。未利用部分の活用によって、まいたけセンターの売り上げ向上にも貢献できれば」と話す。また、ふるさと納税の返礼品の一つとして白神まいたけをラインアップしているが、「舞茸パテ」が商品化されれば返礼品に加えることを検討したいという。

関連記事

釧路新聞社

初夏の屋外で食楽しむ きょうまでキッチンカー催事

 釧路市役所防災庁舎前広場できょうまで、釧路市と釧路町に拠点を置くキッチンカーが集まる「くしろキッチンカーEXPO」(北海道キッチンカー協会主催)が開かれている。初日となった夏至の21日は、市民や...

長野日報社

栽培甘栗使って商品開発 初崎製作所と赤穂高生 長野県

 精密機器製造の初崎製作所(長野県宮田村大田切、初崎哲也社長)と赤穂高校(駒ケ根市)商業科の3年生は、同社が栽培する甘栗を原料にしたドリンクとパンの商品開発に取り組んでいる。共同での商品開発は...

マンゴー、パイン全国へ 夏の味覚シーズン到来 宮古郵便局でゆうパック出荷式

宮古郵便局(保久村昌治局長)で19日、「宮古島産マンゴー・パインゆうパック出荷式」が行われた。職員や生産農家、航空関係、市の関係者らが参加し、夏の味覚の本格的な出荷シーズンの到来を喜んだ。出荷式は...

長野日報社

「赤いルバーブ」全国の百貨店へ 長野県富士見町特産、出荷始まる

 長野県富士見町ルバーブ生産組合の農家が栽培する町特産野菜「赤いルバーブ」の出荷が始まっている。同町富士見区内にある集出荷施設では、町内各地から集まった赤いルバーブの袋詰めに組合独自のステッカ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク