全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖を守り、魅力伝える「案内人」養成へ学習交流会 長野県

学芸員の案内で下諏訪町の諏訪湖博物館・赤彦記念館を見学する参加者たち

官民でつくる諏訪湖創生ビジョン推進会議は26日、学習交流会「諏訪湖の魅力を伝えよう!」を長野県下諏訪町の諏訪湖博物館・赤彦記念館で開いた。諏訪湖の自然や文化を守り、次世代や観光客らに魅力を伝える「諏訪湖の案内人」(仮称)を来年度から養成することにしており、その前段イベントに位置付け。定員の40人が参加し、諏訪湖に関わるトップランナー3人の話を聞いて知見を広げた。

「自然・文化を守る」「魅力を伝える」の二つにテーマを分け、前半は同推進会議会長の沖野外輝夫・信州大学名誉教授が水生植物の変遷に関して講演した。湖畔の埋め立てや護岸工事などで、当たり前に見られた植物が少なくなった経緯を解説。「それぞれの生物に暮らし方がある。それを知らないと残そうと思ってもできない。これからを考えるにはこれまでを振り返ることが大事」と述べた。

「伝える」に主眼を置いた後半のトークでは、自転車冒険家の小口良平さんと同館館長の宮坂清さんが登壇。小口さんは、参加者自らに考えてもらったり、物事の概念や裏側を伝えたりするガイド手法を示し、「自身が子どもの頃の諏訪湖での体験を、話の中に織り交ぜると喜ばれると思う」と紹介。宮坂さんは、星ケ塔遺跡ツアーの人気ぶりに触れながら「学びの観光」に対する関心やニーズは高まっているとした。

案内人は4月に開所する県諏訪湖環境研究センター(仮称)を拠点に養成していく考えだ。下諏訪町の宮澤みち子さん(74)は、冬の湖に毎年飛来したオオワシ「グル」をモデルにした紙芝居の制作に携わり、このほど県シニア大学諏訪学部を卒業。「諏訪湖は生活の一部で、私たちの誇り。風景や伝説、ロマンも伝えていけたら」と話した。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク