全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

マツタケどっさり146本収穫 能代市の男性「夢みたい」

能代市の新井田さんが、鹿角市内で146本のマツタケを収穫

 能代市鰄渕字下悪戸でキノコや山菜の加工業を営む新井田栄治さん(75)が13日、鹿角市の国有林内でマツタケ146本を収穫した。「マツタケを採りに歩いて40年以上になるが、1日でこんなにまとまった数を採ったのは初めて。夢みたい」と喜んでいる。
 新井田さんは同日午前5時ごろ自宅を出発し、同6時30分ごろから鹿角市のアカマツ林でマツタケ探しを開始。20分ほどして今年最初の1本をゲットすると、その後も長年把握している「マツタケが生える木」のそばから次々に見つけ出し、他に収穫したイグチ(アミタケ)、ホウキタケなども合わせ約5時間でリュックの中や持参した数枚のビニール袋を満杯にした。
 夏場の高温と少雨の影響からか、今年はキノコの生育が全般的に遅いといい、5日前に同じ場所に行った時には1本もなかった。ただその後、三種町森岳などでイグチが本格的に採れるようになったことで、「そろそろでは」と長年の直感も働いていた。「5本でも10本でもあればぐらいの気持ちだったので、本当に驚いた。時期が遅い分、ボーナスをもらった気分だ」と、ずらり並べた〝高級品〟に目を輝かせた。
 この日採れたマツタケはほぼすべてが「つぼ」と呼ばれる、かさが開く前のもので、新井田さんは「まだはしり。盛期はこれからだろう」とにらむ。週明けの16日以降、さらなる収穫を目指して「マツタケ山」に通う予定で、「体力は使うけど、マツタケ採りは面白くてやめられない。あと3、4回は頑張って通いたい」と笑顔で語った。
 収穫したマツタケは大館市青果魚類卸売に出荷され、きょう14日朝の競りにかかる見込み。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク