全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

除雪ボランティアと 事故防止の実証実験 酒田・日向地域 一人暮らし高齢者宅 腕時計型ウエアラブル端末装着

 酒田市の「日向地域支え合い活動実行委員会」(委員長・石川和雄日向地区社会福祉協議会長)が主催した「ささえあい除雪ボランティア」が22日、同市日向地区で行われ、学生、一般のボランティア計30人が一人暮らしの高齢者宅などで除雪を行った。転落、生き埋めなど雪害事故防止に向けた実証実験として参加者は腕時計型のウエアラブル端末を装着。作業中は心拍数などの情報が事務局に送られた。

除雪ボランティアを行う参加者たち=22日午前

脈拍数や位置情報送り安全確認

 日向地区は2011年度、市独自の「地域生活安心研究事業」モデル地区に選定された。地域住民に生活する上での困り事、支援してほしいことをヒアリング調査した結果、「除雪」が挙げられ、課題解決に向け翌年から住民が地域課題を主体的に解決していく「地域支え合い活動」の一環で年1、2回実施している。

 この日は、日向地区を拠点にフィールドワークを展開している東北公益文科大学(同市)の学生サークル「Praxis(プラクシス」(千田惟代表)のメンバーをはじめ市職員、市議会議員ら30人が参加。9班に分かれ升田、大台野、上草津、下草津の4地区で主として一人暮らしの高齢者宅の除雪作業に汗を流した。

 参加者は、軒下にうずたかく積もった雪をスコップやスノーダンプで集め、流雪溝に入れるなど手際よく雪を取り除いていた。同サークルメンバーの一人、井上博翔さん(19)=1年、新庄市出身=は「年少の頃から雪かきの手伝いをさせられた。新庄の雪に比べ、まだ大丈夫」と話し、「昨年来、サークル活動でお世話になっていることもあり参加した。これからも日向地区に貢献したい」と続けた。

 一方、市と公益大、NTT東日本などが2020年11月に締結したデジタル変革(DX)推進に関する連携協定に基づき行われた実証実験は、端末で検知した脈拍数の変化、位置情報などがインターネットを介して管理者のパソコンに送られ、それをもとに状況によっては管理者が休憩指示などメッセージを送信するもの。また、作業中に有事があった場合、「HELP」ボタンを押すことで、管理者に知らせることもできる。この日は同サークルメンバーらが装着、日向コミュニティセンター内に設けた事務局のパソコンで管理者が確認していた。

 ボランティア活動と実証実験は来月12日(土)にも行われる。

参加者が装着したウエアラブル端末

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク