全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

「パラリンアートin山口県」、県内の名所など描く

参加者と一緒に色塗りを楽しむ徳原さん(左、文化会館で)

 障害者とスポーツ選手によるアートの共同制作プロジェクト「パラリンアートin山口県」が26日、宇部市の文化会館で開かれた。周南市のパラリンアーティスト・徳原望さんと県内在住の障害者ら20人、スポーツ選手6人が協力し、山口の魅力をモチーフにしたアクリル画2枚を完成させた。一般社団法人障がい者自立推進機構(中井亮代表理事)主催。  同法人は、障害者の芸術的表現を通じ、社会参加と経済的自立を目指して活動する団体。スポーツをテーマにしたアートコンテストなども開催している。  この日は、徳原さんが線画を描いたF15号(652×530㌢)のキャンバスに、参加者たちが色を塗った。防府市出身でパラ射撃の山内裕貴選手、サッカーJ2レノファ山口の永石拓海選手のほか、山口銀行の女子ハンドボールチーム・YMGUTS(山根瑠美主将)の4人も制作に加わり、和気あいあいと筆を進めた。  県を東西に分け、1枚のキャンバスに錦帯橋、もう1枚にフグなどそれぞれ名所や名産品とともに、サッカーや野球などスポーツを楽しむ人の姿を描いた。錦帯橋の絵は同プロジェクトに協賛している山口フィナンシャルグループ(吉村猛社長)に贈呈。もう1枚は、年内に首相官邸に運ばれ、安倍晋三首相に寄贈される。  徳原さんは「思った通り、カラフルに完成した。良い感じにできて幸せです」と成果を喜んだ。中井代表理事は「ここからパラアートの可能性を全国に広め、一人でも多くの才能を活躍させたい」と語った。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク