全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

逆境はねのける発想を 吉野家HD会長の安部氏語る【釧路】

講演する安部会長

  日本政策金融公庫釧路根室中小企業懇話会(島本幸一会長)の新春講演会が18日、釧路センチュリーキャッスルホテルで開かれ、吉野家ホールディングス会長の安部修仁氏が「逆境の経営学とリーダーシップ~苦難を跳(は)ね除(の)けた発想と仕事術」と題し講演した。

  安部氏は1949年福岡県生まれ。高校卒業後プロのミュージシャンを目指し上京。バンド活動の傍ら70年に吉野家にアルバイトとして勤務し、72年に正社員となった。92年に42歳の若さで社長に就任。在職中は牛丼価格280円への挑戦、BSE問題、牛丼業界価格競争など強いリーダーシップを発揮して元祖牛丼店吉野家のあかりを守り続けた。2014年に代表取締役を退任。

 安部氏は、吉野家の牛丼は「うまい」「早い」がモットーで、毎日食べても食べたくなる味を10年かけて作り上げたことを説明。九州地区の本部長をしていた頃は200店舗構想があり、77年に国内100店舗、78年には200店舗を突破したが「急成長から牛肉のコスト高などの原因で会社は赤字に転落し、80年に会社更生手続きを申請した」という。再建のため「それまでの成長性から安全性に180度転換し、87年に当初計画よりも早く債務を返済した」と述べた。

 また、2001年に吉野家「価値の再設計」として全社の大改革運動を行い、「店内の作業レイアウトなどを変更して生産性を向上し、品質、利益を落とさず400円だった価格を7掛けの280円にした」と語った。

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク