全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「2021年09月」の記事一覧

「ライオンの目」輝く 瀬戸内町・加計呂麻島 徳浜

 鹿児島県瀬戸内町阿木名で観光フォトサービスを展開している川崎聖一郎さん(35)はこのほど、同町加計呂麻島の徳浜にある「ライオン岩」で、ライオンの瞳に朝日が入り込む瞬間をとらえた。川崎さんは「こ...

アーチくっきり 与那国祖納

 【与那国】祖納で5日午前7時すぎ、ナンタ浜をまたぐ形でくっきりとアーチを描く虹が出現した=写真提供。祖納ではよく虹が観察され、8月にはダブルレインボーも確認されている。  与那国島ではこの日...

長野日報社

子どもの命と学び守れ 新学期のコロナ対策 長野県諏訪地方

 年代を問わず感染力が強い新型コロナウイルスの「デルタ株」の流行を受け、子どもの感染が全国的に急増している。夏休み明けの学校で、感染急拡大が懸念される中、長野県内では8月後半から新学期がスター...

ママチャリ完走目指し 更別「5時間耐久」

 「全日本ママチャリ5時間耐久レース」(実行委員会主催)が5日、更別村の十勝スピードウェイで行われた。自動車レースの舞台となるコースを、39チーム約260人が自転車で完走を目指して駆け抜けた。 ...

植物の寄せ植えなど楽しむ 高齢者大学第5、6回講座 石垣市教育委員会

 2021年度「石垣市高齢者大学」(市教育委員会主催)の第5、6回講座が4日、平得公民館で開かれ、受講生25人余りが石垣市レクリエーション協会の宮良博之会長による健康レクや仲田園芸の花谷友子さんによる多...

長野日報社

コロナ感染拡大防止訴え 長野県全域で街頭啓発

 長野県が新型コロナウイルス対策を強化する「命と暮らしを救う集中対策期間」(12日まで)に合わせて、県諏訪地域振興局と諏訪市は4日、同市のJR上諏訪駅前で街頭啓発活動を行った。県内全域で一斉に取...

荘内日報社

(酒田・からむし工房あざみ) 今野志美子さん カラムシから多彩な作品 長年の..

 イラクサ科の多年草「カラムシ(青苧(あおそ))」から取った繊維を使って手編みでバッグや着物、ランプシェードなどの制作に取り組む酒田市若浜町の「からむし工房あざみ」(今野志美子代表、会員15人)。今...

紀伊民報社

伊半島大水害から10年  各地で犠牲者を追悼

 和歌山県内で61人が犠牲となった紀伊半島大水害から丸10年を迎えた4日、死者・行方不明者が29人に上った那智勝浦町や14人が犠牲になった新宮市で、遺族や行政関係者らが犠牲者を追悼した。災害の記...

毎週木曜に地場野菜の直売会 豊頃・ジュエリーハウス

 一般社団法人「ココロコ」(代表理事・按田武豊頃町長)は、町大津海岸付近にある観光拠点施設「ジュエリーハウス」で、毎週木曜日に地場産野菜をはじめ約100種類の商品を販売している。  ジュエリ...

宇部日報社

国内最古級のプラネタリウム投影機が未来技術遺産に 山陽小野田

山陽小野田市埴生の青年の家天文館にある稼働するものとしては国内最古級のプラネタリウム投影機が、科学技術の発達史上で重要な成果を示す資料として国立科学博物館の「重要科学技術史資料(愛称・未来技術...

児童の力作ずらり 夏休みの自由研究や工作 海星小

 夏休みが明け2学期が始まった郡内の各小学校では、夏休み中に児童が取り組んだ自由研究や工作などを集めて展示会が開かれる。このうち海星小学校(﨑山麻希校長、児童103人)では3日、体育館で「夏休みの作品...

長野日報社

特殊詐欺防止 縄文ポロシャツで呼び掛け 長野県茅野市と署、郵便局が連携

長野県茅野市と茅野署、日本郵便の市内10郵便局は、3者で締結する包括連携協定に基づき、特殊詐欺防止の啓発ロゴマークをプリントした縄文ポロシャツを作製した。すでに各職場で職員らが着用して業務に当...

荘内日報社

庄内の武家文化と歴史紹介 「藩主の宝・藩士の宝展」始まる (酒井家庄内入部4..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠久館長)で3日、酒井家庄内入部400年記念プレ企画展「藩主の宝・藩士の宝展」が始まり、旧庄内藩酒井家や旧家臣の家に伝わってきた武具や掛け軸、茶道具などを通じ、庄内の武家文化...

紀伊民報社

「収蔵品を後世に残したい」 南方熊楠記念館がクラウドファンディング

 南方熊楠記念館(和歌山県白浜町)は、熊楠のフロックコートの修復や、熊楠が知人に宛てて書いた手紙の複製を計画している。いずれも熊楠の人生を知る上で重要な物で、常設展示しているが、劣化している。「...

150年前の軍艦「咸臨丸」、豊川町の長門さんが廃材で模型制作

苫小牧市豊川町の長門悟さん(86)が、渡島管内木古内町沖で150年前に沈没した江戸幕府の軍艦「咸臨丸(かんりんまる)」の模型を廃材を使って完成させた。7月に同船が日本船舶海洋工学会(東京)の「ふね...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク