全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

観光一覧

「渥美半島を彩る菜の花まつり」開幕

 ひと足早い春の訪れを告げる「渥美半島菜の花まつり2020」(渥美半島観光ビューロー主催)が11日、田原市で開幕した。3月31日までの期間中は、伊良湖地区や国道沿いなどで菜の花畑が見られ、イベン...

長野日報社

雪の上のユニバーサル デュアルスキーの体験会

信州綜合開発観光は9日、信州大学との共同で、パイロットがサポートする障がい者用チェアスキー「デュアルスキー」の体験会を、同社運営の車山高原スカイパークリゾートスキー場で開いた。スキー場スタッフら...

砥鹿神社で弓始祭

 豊川市一宮町の三河国一之宮・砥鹿神社(岩崎和夫宮司)で8日、新年の祭典「弓始祭」(ゆみはじめさい)が行われた。  社殿前で行われる奉射神事で、鯛(たい)が掛けられた鯨幕に、上下に「鬼」に似...

蒲郡で「せとか」収穫選果始まる

 香と甘みがある柑橘(かんきつ)果物「せとか」の収穫、選果が6日、蒲郡市内で始まった。JA蒲郡市は「豊富な果汁と香りを楽しめる高級果実。今年も良い出来栄えとなりました」と話している。  せと...

長野日報社

諏訪に「日本のオリンピア」 旧御射山遺跡

2020年はいよいよ東京五輪。世界的なスポーツの祭典は古代ギリシャのオリンピア地方で神々をあがめた体育や芸術の競技祭が起源とされるが、諏訪市郊外の霧ケ峰高原には諏訪明神信仰の祭祀(さいし)遺跡「...

豊橋で奥三河伝統芸能「花祭」

 豊橋市西幸町の御幸神社で4日、奥三河の伝統芸能「花祭」が行われ、豊根村を中心とする入植者や子どもらが故郷に思いをはせながら舞った。  同神社の花祭は、移り住んだ人たちが中心となり、昭和30年...

長野日報社

キキョウ家紋の小さな祠 明智光秀に関わりか

長野県の茅野市神長官守矢史料館(同市高部)近くの畑の隅に、キキョウの花に見える家紋入りの小さな祠がある。桔梗紋は戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、明智光秀が用いた家紋で、近くの諏訪市神宮...

長野日報社

湖上に輝く初日の出 諏訪湖遊覧船が元旦運航

諏訪観光協会と諏訪市貸船組合は1日朝、諏訪湖遊覧船「初日の出号」を運航した。観光客や家族連れら約250人が乗船。諏訪湖の湖面に差し込む朝日を見ながら、今年が良い年になるよう願った。 「竜宮丸」...

紀伊民報社

ヘリで白浜の空観光 民間企業が3月から

 和歌山県白浜町の日置川地域で、民間企業がヘリコプターを使った遊覧飛行やスカイダイビングの事業を計画している。日置川町商工会では「地域振興につなげたい」と事業に協力する。企業は来年3月の事業開始...

豊川稲荷大鏡餅お供え

 正月に備え、豊川稲荷(豊川閣妙厳寺)で28日、大鏡餅(かがみもち)のお供えが行われた。従業員ら約30人が調理場の典座(てんぞ)寮から餅を運び出し、トラックで本殿へ移動。祈とうが行われる施主殿に...

長野日報社

雪づくり急ピッチ 諏訪地方のスキー場

本格的な冬が到来し、12月上旬から中旬にかけて諏訪地方の各スキー場が続々とオープンする。現在、各スキー場では、人工降雪機(スノーマシン)をフル稼働し、オープンに間に合わせようと急ピッチでゲレンデ...

年末年始に備え三河ハゼ甘露煮

 今年も年末年始に備え、佃煮や甘露煮を製造・販売する豊川市御津町の平松食品御津工場で「三河本ハゼ甘露煮」作りが始まった。  三河湾で水揚げされたハゼが解凍され、ハラ出し、串打ち、焼き上げ、蒸...

蒲郡ミカン「箱入娘」出荷最盛

 蒲郡市で、露地栽培のブランドミカン「箱入娘」の出荷が最盛期を迎えた。農家が手塩にかけて育てた厳選種。冬場の贈答用として販売している。  箱入娘は温州ミカン「宮川早生」で、畑に白いシートを敷...

「じてんしゃのまち新城」バナー作りPR

自転車イベントでお披露目  2026年に県内で開かれる第20回アジア競技大会で自転車競技ロードレースの会場候補地となっている新城市は、大会とまちをPRするバナーを作った。「じてんしゃのまち ...

長野日報社

山の楽しみ方いろいろ 茅野市民館で山岳イベント

山岳トークや山道具の展示などを行う「八ケ岳マウンテンミーティング2019」は4日、茅野市の茅野市民館で開いた。山に関わる専門家によるトークや、テントや山道具などの展示、山でのおいしいお茶の入れ方...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク