全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

集落の魅力や課題は 旭川大生が豊丘地区調査 オンラインで聞き取り 厚真

旭川大学の学生が20日まで、「現代農村における集落の維持と地域社会関係」をテーマに厚真町豊丘地区を調査している。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人で、オンラインを活用して同地区内の住民らにインタビュー。地域集落の魅力や強み、課題などを探っていく。

オンライン上でやりとりする旭川大の学生と豊丘地区の地域住民

 同学科の授業「コミュニティ調査実習」の一環で、17日に始めた。同学科は2018、19年度に厚真町内で合宿して調査をし、新型コロナウイルス感染の影響を受けた昨年度もオンラインで住民の講義を受けた。

 今年度の調査では、感染症の拡大を考慮し、学生の自宅と豊丘マナビィハウス内をオンラインでつなぎ、住民に足を運んでもらって話をする方法を採った。学生2人と指導教員1人で一つの班になり、それぞれ聞き取りをしている。

 18日に調査を受けた農家の木沢裕司さん(77)は、「同じ場所に行く時は、1台の車に乗り合わせて行ったりする。以前は作業が遅れている農家を隣近所で手伝うなどして助け合っていた」と地域ならではの作業方法を紹介。胆振東部地震が発生した際は、自治会で独自に炊き出しをし、住民たちで支え合ってきたことを伝えた。この中で「今は車を使えるので不便を感じないが、(年を重ねて)運転できなくなった時のことをこれから考えなければいけないな」と課題も話した。

 地域の公共交通を中心に聞き取りをした松原千笑さん(20)は「運転免許がない方や徒歩の方への交通の便をより改善していかなければ」と感じた様子。多田隼脩さん(21)は「若者に定住してもらえるようなサポートを考えていく必要がある」と語り、今後の検討材料とした。

 学生たちは、今回の調査結果を基にさらに深掘りして研究。まとめた内容を来年1月、町内で予定している報告会で発表する。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク