全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

集落の魅力や課題は 旭川大生が豊丘地区調査 オンラインで聞き取り 厚真

旭川大学の学生が20日まで、「現代農村における集落の維持と地域社会関係」をテーマに厚真町豊丘地区を調査している。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人で、オンラインを活用して同地区内の住民らにインタビュー。地域集落の魅力や強み、課題などを探っていく。

オンライン上でやりとりする旭川大の学生と豊丘地区の地域住民

 同学科の授業「コミュニティ調査実習」の一環で、17日に始めた。同学科は2018、19年度に厚真町内で合宿して調査をし、新型コロナウイルス感染の影響を受けた昨年度もオンラインで住民の講義を受けた。

 今年度の調査では、感染症の拡大を考慮し、学生の自宅と豊丘マナビィハウス内をオンラインでつなぎ、住民に足を運んでもらって話をする方法を採った。学生2人と指導教員1人で一つの班になり、それぞれ聞き取りをしている。

 18日に調査を受けた農家の木沢裕司さん(77)は、「同じ場所に行く時は、1台の車に乗り合わせて行ったりする。以前は作業が遅れている農家を隣近所で手伝うなどして助け合っていた」と地域ならではの作業方法を紹介。胆振東部地震が発生した際は、自治会で独自に炊き出しをし、住民たちで支え合ってきたことを伝えた。この中で「今は車を使えるので不便を感じないが、(年を重ねて)運転できなくなった時のことをこれから考えなければいけないな」と課題も話した。

 地域の公共交通を中心に聞き取りをした松原千笑さん(20)は「運転免許がない方や徒歩の方への交通の便をより改善していかなければ」と感じた様子。多田隼脩さん(21)は「若者に定住してもらえるようなサポートを考えていく必要がある」と語り、今後の検討材料とした。

 学生たちは、今回の調査結果を基にさらに深掘りして研究。まとめた内容を来年1月、町内で予定している報告会で発表する。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク