全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘田さん見つめた街再び 写真で遺した変遷370点 帯広

 帯広百年記念館の特別企画展「過ぎ去りし街角 荘田喜與志の見た帯広・十勝」が、同館2階特別展示室で開かれている。昭和20年代から平成にかけて十勝・帯広の日常風景を記録し続け、昨年3月に89歳で亡くなった写真家荘田喜與志さん(帯広)の作品から、帯広の街並みや人々の暮らしの変遷をたどっている。9月12日まで。

昭和から平成初期までの、十勝の暮らしや街並みの変遷を伝える特別展

 同記念館では2000点余りの荘田さんの作品を収蔵。特別展では膨大なコレクションから、モノクロ写真を主に約370点を並べている。1960(昭和35)年ごろに帯広市の西2条通で撮影された写真は、「今回の展示内容を組み立てるきっかけになった」(同館の大和田努学芸員)という1枚。石炭を運ぶ馬車と石油を運搬する車が収まり、移動・運搬の手段や暮らしが変化していく様子を伝えている。

 また、NHK帯広放送局の鉄塔から市内各方面を定点観測で捉えた作品は、街並みが形成されていく過程がひと目で分かる。帯広市中心部の活気ある朝市の様子や、清水町御影の国道を馬そりで嫁いでいく女性の姿など、昭和を色濃く感じさせる作品も。荘田さんが愛用していたカメラやレンズも展示している。

 札幌市から訪れた帯広出身の男性(65)は「実家が農家で、小学校に上がる前に母親と朝市で野菜を売っていた。懐かしい」と一枚一枚に見入っていた。

 午前9時~午後5時。月曜休館。入場無料。関連事業として9月4日午後2時から同館で、富良野市博物館の澤田健学芸員による博物館講座「よみがえる昭和の情景~富良野のまちなみ、人々の心」が開かれる(参加受け付けは24日から)。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク