全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ウミガメ産卵減少 過去2番目の少なさ

砂浜で卵を産むアカウミガメ(和歌山県みなべ町山内で)=赤色ライトで照らして撮影

 和歌山県みなべ町山内にある千里の浜でのアカウミガメの産卵回数が今季、16日現在で30回と低調だ。産卵シーズンは例年なら8月上旬で終わるため、このままだと調査が始まった1981年度以来、過去40年で2番目に少ない。さらに台風の影響で産卵20回分の卵が流失するなどの被害を受けており、浜で生まれる子ガメは記録的に少ないとみられる。

 千里の浜は、本州有数のアカウミガメ産卵地。毎年5月中旬から8月上旬にかけてが産卵シーズンで、NPO日本ウミガメ協議会が保護調査や研究を続けており、町教育委員会なども調査や保護に加わっている。
 協議会や町教委によると、今季初めての産卵は5月29日で、例年に比べると1週間ほど遅かった。2回目は1週間後の6月5日。ピークとなる6月中旬から7月下旬にかけても産卵が少なく、全くない日が続くこともあった。1日当たりの産卵回数は多い日でも2回だった。月別では5月が1回、6月が11回、7月が16回、8月は16日現在、1日と6日に1回ずつの2回だけ。
 年度別にみると、90年代初めの2年間、約350回の産卵が確認できたが、その後は減少傾向となり、98年度に29回まで落ち込んだ。その後、小さな増減を繰り返し、2012、13年度には300回近くまで回復した。しかし14年度には半分以下に減り、その後も減少傾向で18年度が59回、19年度が47回、20年度が63回と低調な状況が続いている。
 さらに今季は8月9日の台風による高波で、20カ所の卵が流失などの被害を受けたという。残った卵が順調にふ化することが期待される。
 協議会の松宮賢佑事務局長は「今季は全国的に産卵が少ない。ここ数年は減少傾向にある。周期もあり、たまたまかもしれない。要因ははっきり分からず、来年以降も見る必要がある」。台風による被害については「産卵の始まりが遅かったので被害が大きくなった。流失を防ぐ対策が必要かもしれない」と話していた。
 町教委教育学習課の前田一樹副課長は「10年周期で増えたり減ったりしている。以前のように回復してくれることに期待したい」と話している。

関連記事

北羽新報社

世界遺産「白神山地」 入山の規制緩和求め要望書

 東北地方で自然保護活動に取り組む市民団体「白神逍遥(しょうよう)の会」などは29日、世界自然遺産・白神山地の核心地域(本県側)の入山規制の見直しを求める提案書を林野庁東北森林管理局(秋田市)と県...

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク