全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ウミガメ産卵減少 過去2番目の少なさ

砂浜で卵を産むアカウミガメ(和歌山県みなべ町山内で)=赤色ライトで照らして撮影

 和歌山県みなべ町山内にある千里の浜でのアカウミガメの産卵回数が今季、16日現在で30回と低調だ。産卵シーズンは例年なら8月上旬で終わるため、このままだと調査が始まった1981年度以来、過去40年で2番目に少ない。さらに台風の影響で産卵20回分の卵が流失するなどの被害を受けており、浜で生まれる子ガメは記録的に少ないとみられる。

 千里の浜は、本州有数のアカウミガメ産卵地。毎年5月中旬から8月上旬にかけてが産卵シーズンで、NPO日本ウミガメ協議会が保護調査や研究を続けており、町教育委員会なども調査や保護に加わっている。
 協議会や町教委によると、今季初めての産卵は5月29日で、例年に比べると1週間ほど遅かった。2回目は1週間後の6月5日。ピークとなる6月中旬から7月下旬にかけても産卵が少なく、全くない日が続くこともあった。1日当たりの産卵回数は多い日でも2回だった。月別では5月が1回、6月が11回、7月が16回、8月は16日現在、1日と6日に1回ずつの2回だけ。
 年度別にみると、90年代初めの2年間、約350回の産卵が確認できたが、その後は減少傾向となり、98年度に29回まで落ち込んだ。その後、小さな増減を繰り返し、2012、13年度には300回近くまで回復した。しかし14年度には半分以下に減り、その後も減少傾向で18年度が59回、19年度が47回、20年度が63回と低調な状況が続いている。
 さらに今季は8月9日の台風による高波で、20カ所の卵が流失などの被害を受けたという。残った卵が順調にふ化することが期待される。
 協議会の松宮賢佑事務局長は「今季は全国的に産卵が少ない。ここ数年は減少傾向にある。周期もあり、たまたまかもしれない。要因ははっきり分からず、来年以降も見る必要がある」。台風による被害については「産卵の始まりが遅かったので被害が大きくなった。流失を防ぐ対策が必要かもしれない」と話していた。
 町教委教育学習課の前田一樹副課長は「10年周期で増えたり減ったりしている。以前のように回復してくれることに期待したい」と話している。

関連記事

苫小牧 三星 カナダ産ハスカップ初輸入 道産品年々減少安定供給へ

苫小牧市糸井のパン菓子製造・三星は、良質なハスカップを安定して確保しようと、カナダ産を初めて輸入した。果実不足で販売を休止した商品の復刻や、新商品の開発に活用する方針で、「よいとまけ」などの看板商...

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク