全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

にぎわい創出 食品ロス削減呼び掛け(酒田光陵高生マルシェ)21、22日に光の湊A棟

 県立酒田光陵高校(藤田雅彦校長)のビジネス流通科で学んでいる3年生有志が企画・運営する「mara マルシェ」が21(土)、22(日)の両日、酒田市の光の湊A棟共有ロビーで開かれる。自ら交渉し仕入れた規格外の農産物などを販売、JR酒田駅前ににぎわいを創出するとともに、広く市民に食品ロス削減などを呼び掛ける。

規格外の農産物などを販売した前回の「mara マルシェ」=7月18日午前

 光の湊の酒田駅前交流拠点施設「ミライニ」の運営にも携わっている同科3年5人によるCARMY=石垣茉生代表(18)=が、食品ロスやプラスチックごみの削減、地域活性化を目的に先月17、18の両日に引き続き企画。東京2020五輪・パラリンピックで市がホストタウンとなっているニュージーランドの公用語の一つ、マオリ語で「光」のことを「マラマ」ということからイベント名にした。

 前回は、庄内地域の生産者から規格外となった新鮮な農産物を広く募り、メンバーの他、クラスメートも応援に駆けつけ両日とも午前10時にオープン。1個300円のメロン、100グラム50円のピーマン、同じく100グラム10円の玉ねぎ、カラフルなパプリカなどが所狭しと並んだ他、ポイが破れるまでミニトマトをすくうことができる「トマトすくい」もあり、大勢の市民で大にぎわい。プラスチックごみ削減のため、包装には古新聞を使用した。この際、石垣代表は定期開催に言及していた。

 今回も午前10時にスタートし午後1時ごろまで。JA庄内みどり(酒田市)の協力で地元農家が生産した旬の野菜や果物を販売する他、レストラン「ル・ポットフー」を運営する日新開発、「月のホテル」「月のみち」の月見が昼食時、カレーライスやソフトクリームといった飲食物をテークアウト販売。好評の「トマトすくい」もある。

 初の試みとして、今回のイベント中に生徒たちがマーケティングリサーチを実施、「廃棄野菜」「廃棄部位」を利用した商品開発を目指すという。問い合わせなどは同校ビジネス流通科=電0234(28)8831=へ。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク