全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

にぎわい創出 食品ロス削減呼び掛け(酒田光陵高生マルシェ)21、22日に光の湊A棟

 県立酒田光陵高校(藤田雅彦校長)のビジネス流通科で学んでいる3年生有志が企画・運営する「mara マルシェ」が21(土)、22(日)の両日、酒田市の光の湊A棟共有ロビーで開かれる。自ら交渉し仕入れた規格外の農産物などを販売、JR酒田駅前ににぎわいを創出するとともに、広く市民に食品ロス削減などを呼び掛ける。

規格外の農産物などを販売した前回の「mara マルシェ」=7月18日午前

 光の湊の酒田駅前交流拠点施設「ミライニ」の運営にも携わっている同科3年5人によるCARMY=石垣茉生代表(18)=が、食品ロスやプラスチックごみの削減、地域活性化を目的に先月17、18の両日に引き続き企画。東京2020五輪・パラリンピックで市がホストタウンとなっているニュージーランドの公用語の一つ、マオリ語で「光」のことを「マラマ」ということからイベント名にした。

 前回は、庄内地域の生産者から規格外となった新鮮な農産物を広く募り、メンバーの他、クラスメートも応援に駆けつけ両日とも午前10時にオープン。1個300円のメロン、100グラム50円のピーマン、同じく100グラム10円の玉ねぎ、カラフルなパプリカなどが所狭しと並んだ他、ポイが破れるまでミニトマトをすくうことができる「トマトすくい」もあり、大勢の市民で大にぎわい。プラスチックごみ削減のため、包装には古新聞を使用した。この際、石垣代表は定期開催に言及していた。

 今回も午前10時にスタートし午後1時ごろまで。JA庄内みどり(酒田市)の協力で地元農家が生産した旬の野菜や果物を販売する他、レストラン「ル・ポットフー」を運営する日新開発、「月のホテル」「月のみち」の月見が昼食時、カレーライスやソフトクリームといった飲食物をテークアウト販売。好評の「トマトすくい」もある。

 初の試みとして、今回のイベント中に生徒たちがマーケティングリサーチを実施、「廃棄野菜」「廃棄部位」を利用した商品開発を目指すという。問い合わせなどは同校ビジネス流通科=電0234(28)8831=へ。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク