全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県岡谷市川岸の土石流 国交省が専門家派遣

調査結果を説明する国土技術政策総合研究所土砂災害研究部砂防研究室の山越隆雄室長(右)=岡谷市役所

 岡谷市川岸東で土石流が発生し死傷者が出た15日の土砂災害を受けて、国土交通省は17日、専門家を現地に派遣した。被災現場を調査した専門家は13~15日の3日間に「かなりの雨が降り続いていた。2006年7月の豪雨災害と同じような雨が降った」との見解を示し、土砂が不安定な状態で「大雨が降れば同じ現象が起きる可能性がある」と指摘。土砂流出を抑え、土石流等を食い止める対策の必要性を市、県に伝えた。

 国土技術政策総合研究所土砂災害研究部砂防研究室の山越隆雄室長ら専門家3人が県や市の職員らと現場に入り、中大久保と大久保の二つの渓流で起きた土石流の発生源を視察。市役所で今井竜五岡谷市長、木村智行・県諏訪建設事務所長らに調査結果を報告した。

 山越室長は市、県への報告後の取材で報道陣に報告内容を明かした。「3日間にわたって飛びぬけて強い雨が降ったわけではない」とする一方で、13日午前1時から災害発生時刻に近い15日午前6時までの累積雨量が377ミリに上り「かなりの雨が降り続いていた」という。

 中大久保では土砂がおよそ幅10メートル、長さ20メートル、深さ4メートルにわたって崩れ、流木を巻き込んで中央道下の隧道を抜けて住宅に流入した。土砂量は推定400~800立方メートル。「昔の火山の噴出物が堆積している塩嶺累層の部分で崩壊が起きている」といい、雨で山が大量の水を含み、地下水が集まり、崩壊したとみている。南側の大久保で発生した土石流も中大久保より規模は小さいが同じメカニズムによるものと考えている。

 また現場付近の土砂は不安定な状態にあり、今後の土砂災害が起こる危険性があるために「土砂流出を抑える応急対策や同じ現象が起きた時に食い止めるための構造物の対策が必要」「警戒情報が出るよりも早く避難の呼び掛けをすべきではないか」と市、県に助言したことも明かした。

 今井市長は17日夜の会見で「指摘を受けた部分を尊重して守りたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク