全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県岡谷市川岸の土石流 国交省が専門家派遣

調査結果を説明する国土技術政策総合研究所土砂災害研究部砂防研究室の山越隆雄室長(右)=岡谷市役所

 岡谷市川岸東で土石流が発生し死傷者が出た15日の土砂災害を受けて、国土交通省は17日、専門家を現地に派遣した。被災現場を調査した専門家は13~15日の3日間に「かなりの雨が降り続いていた。2006年7月の豪雨災害と同じような雨が降った」との見解を示し、土砂が不安定な状態で「大雨が降れば同じ現象が起きる可能性がある」と指摘。土砂流出を抑え、土石流等を食い止める対策の必要性を市、県に伝えた。

 国土技術政策総合研究所土砂災害研究部砂防研究室の山越隆雄室長ら専門家3人が県や市の職員らと現場に入り、中大久保と大久保の二つの渓流で起きた土石流の発生源を視察。市役所で今井竜五岡谷市長、木村智行・県諏訪建設事務所長らに調査結果を報告した。

 山越室長は市、県への報告後の取材で報道陣に報告内容を明かした。「3日間にわたって飛びぬけて強い雨が降ったわけではない」とする一方で、13日午前1時から災害発生時刻に近い15日午前6時までの累積雨量が377ミリに上り「かなりの雨が降り続いていた」という。

 中大久保では土砂がおよそ幅10メートル、長さ20メートル、深さ4メートルにわたって崩れ、流木を巻き込んで中央道下の隧道を抜けて住宅に流入した。土砂量は推定400~800立方メートル。「昔の火山の噴出物が堆積している塩嶺累層の部分で崩壊が起きている」といい、雨で山が大量の水を含み、地下水が集まり、崩壊したとみている。南側の大久保で発生した土石流も中大久保より規模は小さいが同じメカニズムによるものと考えている。

 また現場付近の土砂は不安定な状態にあり、今後の土砂災害が起こる危険性があるために「土砂流出を抑える応急対策や同じ現象が起きた時に食い止めるための構造物の対策が必要」「警戒情報が出るよりも早く避難の呼び掛けをすべきではないか」と市、県に助言したことも明かした。

 今井市長は17日夜の会見で「指摘を受けた部分を尊重して守りたい」と話した。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク