全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内の繁栄 疫病鎮静願う(荘内神社例大祭)巫女舞や奉納演武

 旧庄内藩の歴代藩主を祭る鶴岡市の荘内神社(石原純一宮司)で17日、例大祭が行われ、祭典や奉納演武などを通じ、庄内地域の繁栄や、来年の酒井家庄内入部400年の関連事業の成功、新型コロナウイルスの疫病鎮静などを願った。

庄内の繁栄 疫病鎮静願う(荘内神社例大祭)巫女舞や奉納演武

 酒井家の初代・忠次、2代・家次、3代・忠勝、9代・忠徳の4公を祭る神社として1877(明治10)年、旧鶴ケ岡城本丸跡に創建された。この日は酒井家第18代当主・忠久氏や加藤鮎子衆院議員、皆川治市長ら約40人が参列した。

 拝殿で行われた祭典の祝詞奏上で石原宮司は庄内の安寧や来年の入部400年関連事業の成功、新型コロナの疫病退散などを願った。巫女(みこ)2人が地域の安寧や発展を願い「豊栄の舞」を厳かに舞った。

 引き続き参集殿で田川地区剣道連盟、鶴岡弓友会の各高段者が演武を披露。石原宮司はあいさつで「大変な時期だが、みんなで心を一つにして頑張り、来年の入部400年を気持ちよくお祝いできるように」と謝辞。酒井忠久さんは来賓祝辞で「来年は400年を振り返り、より良い庄内を目指す契機となるように願う。『最上のものは将来にある』と信じる」と述べた。

 例年は大名行列を中心にした荘内大祭を併せて行っているが、昨年はコロナで中止。今年は猛暑などを踏まえ10月6日に予定。

歴代藩主が奨励した武道。迫力の演武が披露された

関連記事

長野日報社

幻想的ほおずき提灯 伊那市高遠町ご城下通り

長野県伊那市高遠町の「ご城下通り」沿いに21日、ほおずき提灯が飾り出された。辺りが暗くなると明かりが入り、稲穂を模して笹竹につるした赤い提灯が通りを幻想的に照らした。 22日に宵祭り、23日に本祭...

荘内日報社

“映画の灯”再び 鶴岡まちキネプレ上映会 10月から3カ月週末中心に多彩な作品

 昨年5月に閉館した鶴岡市の旧鶴岡まちなかキネマ(まちキネ)の一部の上映機能を交流スペースとして活用する計画に関し、運営を担う「山王まちづくり」(三浦新社長)が15日、プレ上映会を行うと発表した。10月...

ママチャリ完走目指し 更別「5時間耐久」

 「全日本ママチャリ5時間耐久レース」(実行委員会主催)が5日、更別村の十勝スピードウェイで行われた。自動車レースの舞台となるコースを、39チーム約260人が自転車で完走を目指して駆け抜けた。 ...

荘内日報社

庄内の武家文化と歴史紹介 「藩主の宝・藩士の宝展」始まる (酒井家庄内入部4..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠久館長)で3日、酒井家庄内入部400年記念プレ企画展「藩主の宝・藩士の宝展」が始まり、旧庄内藩酒井家や旧家臣の家に伝わってきた武具や掛け軸、茶道具などを通じ、庄内の武家文化...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク