全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内の繁栄 疫病鎮静願う(荘内神社例大祭)巫女舞や奉納演武

 旧庄内藩の歴代藩主を祭る鶴岡市の荘内神社(石原純一宮司)で17日、例大祭が行われ、祭典や奉納演武などを通じ、庄内地域の繁栄や、来年の酒井家庄内入部400年の関連事業の成功、新型コロナウイルスの疫病鎮静などを願った。

庄内の繁栄 疫病鎮静願う(荘内神社例大祭)巫女舞や奉納演武

 酒井家の初代・忠次、2代・家次、3代・忠勝、9代・忠徳の4公を祭る神社として1877(明治10)年、旧鶴ケ岡城本丸跡に創建された。この日は酒井家第18代当主・忠久氏や加藤鮎子衆院議員、皆川治市長ら約40人が参列した。

 拝殿で行われた祭典の祝詞奏上で石原宮司は庄内の安寧や来年の入部400年関連事業の成功、新型コロナの疫病退散などを願った。巫女(みこ)2人が地域の安寧や発展を願い「豊栄の舞」を厳かに舞った。

 引き続き参集殿で田川地区剣道連盟、鶴岡弓友会の各高段者が演武を披露。石原宮司はあいさつで「大変な時期だが、みんなで心を一つにして頑張り、来年の入部400年を気持ちよくお祝いできるように」と謝辞。酒井忠久さんは来賓祝辞で「来年は400年を振り返り、より良い庄内を目指す契機となるように願う。『最上のものは将来にある』と信じる」と述べた。

 例年は大名行列を中心にした荘内大祭を併せて行っているが、昨年はコロナで中止。今年は猛暑などを踏まえ10月6日に予定。

歴代藩主が奨励した武道。迫力の演武が披露された

関連記事

長野日報社

さわやか高原の風満喫 ピラタスの丘でワクワクフェス 長野県茅野市蓼科

 長野県茅野市郊外の蓼科にある高原リゾート「ピラタスの丘」を盛り上げようと活動しているピラタスの丘組合は15、16の両日、第2回ピラタスの丘・ワクワクフェスティバルをピラタスの丘頂上エリア(カフェ...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク