全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

パラリンピック「和歌山県の火」を東京へ

トーチに点火した「聖火」を持ち出す中屋武留さん(16日、田辺スポーツパーク体育館で)

 24日に開幕する東京パラリンピックを前に、聖火リレーに関連したイベント「聖火フェスティバル」が16日、和歌山県田辺市上の山1丁目の田辺スポーツパーク体育館であった。広川町の「稲むらの火まつり」でおこした火をトーチに移して「県の火」として東京に送り出した。

 田辺スポーツパークがパラ陸上競技の強化拠点施設になっていることから、県が主催して開いた。
 聖火の出立式で仁坂吉伸知事は、大津波から人々を救った逸話「稲むらの火」にちなんで「県の火は、コロナという大災害の中にあって頑張ってきたアスリートの願いをかなえるための火だと思う。県から出場する3人の選手も大いに頑張っていただきたい」とあいさつ。真砂充敏田辺市長は「田辺スポーツパークで合宿した選手が多く出場する。一人一人にエールを送りたい」と述べた。
 廣八幡宮(広川町)のみこが、種火を入れたランタンを持って入場。仁坂知事がトーチに点火し、和歌山パラアスリートクラブに所属する中屋武留さん(23)=和歌山市=がトーチを持って会場を出た。送り出した県の火は、20日に東京で開かれる集火式で統合され、聖火となる。
 イベントでは、田辺高校吹奏楽部の演奏や、田辺市を拠点に活動する「南紀チアーエンジェルス」のチアリーディングもあった。はまゆう支援学校(上富田町)の生徒による応援動画もスクリーンに映し出された。
 東京パラで実施される競技の体験会もあり、田辺市の高雄中学校と明洋中学校の生徒約60人が、車いすバスケットボールとボッチャを体験。
 南紀チアーエンジェルスのキャプテン、小傳良彩花さん(18)=南部高校3年=は「コロナ禍でも頑張ってきた選手の皆さんには、練習の成果を十分に発揮してほしい」と、エールを送った。

■和歌山県ゆかりの3選手出場

 東京パラリンピックでは、県にゆかりのある3選手が出場する。  有田市出身の生馬知季選手(29)=グロップサンセリテ=は陸上男子車いす400メートルユニバーサルリレー、橋本市出身の北田千尋選手(32)=LINE=は車いすバスケットボール女子、橋本市の中村智太郎選手(37)=日阪製作所=は競泳男子100メートル平泳ぎ。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク