全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

浸水被害の諏訪市 住民ら片付け作業追われる

浸水被害を受けた店舗をきれいに磨く「えびす屋」の従業員=16日午前9時16分、諏訪市湖岸通り3

記録的な大雨で700棟近い水害に見舞われた諏訪市で16日、諏訪湖の水位低下で浸水が解消したことを受けて、市民が片付けに追われた。

諏訪市では諏訪湖や河川の水位が上昇し、流れ込んだ水が逆流する「内水氾濫」が起き、浸水や冠水被害が相次いだ。区長への聞き取りで市がまとめた浸水被害(速報値)は、大和や湯の脇、中浜町、末広町、大手町、細久保、北福島などで床上浸水17棟、床下浸水665棟に上った。

諏訪市湖岸通り3にあるつくだ煮の老舗「えびす屋」は、店舗裏の通路や厨房の一部が「くるぶし」の高さまで浸水した。この日は店主と従業員10人が協力 して土のうを片付け、ぬれたごみを店外に出して、浸水した場所をデッキブラシと洗剤で磨いていた。

15日は休業にして商品を高い場所に移動するなどの対応に追われたという。浸水被害は2006年7月豪雨災害以来で、冠水した道路を通る乗用車の波でガラスが割れたり、シャッターが壊れたりした教訓から、土のうを積んでしのいだ。冠水時は早期に通行を規制する対応を求めていた。

八幡一成社長(62)と安子夫人(60)は「大雨の前はコロナ禍でも人の流れがあった。8月15日は 地元のお客さんも多い。観光が商売の中心なのでショックです」と話していた。消毒作業を進め、19日の営業再開を目指すという。

関連記事

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク