全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡「宝谷かぶ」焼き畑 棚田のり面で精出す

 鶴岡市宝谷地区に伝わる在来作物「宝谷かぶ」の焼き畑作業が16日、地区内で行われ、種を守っている同地区の畑山丑之助さん(90)や家族、地域内外のボランティアが棚田ののり面のほ場を焼いた。

宝谷かぶの焼き畑を行う参加者たち=16日午前10時半ごろ

 宝谷かぶは長さ20センチほどで、細長く、白い大根のような形。生では辛く、加熱するとトロッと甘い。古くから伝統の焼き畑農法で、凶作に備える救荒作物の一種として作られてきたが、林業の衰退や高齢化などで栽培者は減少。近年はリスク分散で種を分けた人を除き、地区内では畑山さんが唯一の生産者となり、ボランティアの助けを借りて毎年200キロ程度を栽培、市内のレストランなどで使ってもらっている。

 この日はボランティアを含め16人が参加。事前に杉の葉など焼き草を敷き乾燥させていた棚田ののり面約5アールに午前9時半ごろ、火を放った。レーキで火を少しずつ下ろしながら、1時間半ほどかけてのり面全体を焼き、すぐ種をまいた。

 畑山さんは「周囲は地滑り地帯の沢で、祖先はその間のこの土地に家を構えた。昔は米を作る人は少なく、山仕事や炭焼きを行い、炭焼き小屋のそばにソバやカブを植えて暮らしてきた。そうして祖先から受け継いできたこの種を、守っていきたい」と話した。

 11月末ごろに収穫し、同市のイタリア料理店アル・ケッチァーノ(下山添)、羽黒山斎館(羽黒町手向)、ベジタイムレストラン土遊農(同市野山)などに卸す予定。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク