全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

リトアニアから ホストタウンに むかわ、厚真、安平 絵本とメッセージ お返しは「むかわ竜」ピンバッジ

リトアニア共和国のゲディミナス・バルブオリス駐日大使から、東京五輪に合わせて同国の選手らを受け入れる「ホストタウン」になっていたむかわ、厚真、安平の3町それぞれに日本語訳したリトアニアの詩の絵本とレターメッセージが贈られた。

バルブオリス駐日リトアニア共和国大使から届いた絵本とメッセージレターを手にするむかわ町の竹中町長

 3町は、今年2月にホストタウンとしてリトアニアと合意を交わし、今回のレースなどを応援。今月7日には男子20キロ競歩に出場したマリウス・ジューカス選手(36)がむかわに来町し、厚真、安平の両町を合わせた3町の町長らとの交流を企画していた。当初、交流会で絵本とメッセージレターを手渡す予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止となった。

 これを受けて、バルブオリス駐日大使から絵本とメッセージレターが贈られたことをむかわ町が12日付で発表した。絵本の題名は「ちいさな ちいさな―みんなとあそぶリトアニアのしのえほん」で、絵を通じて子どもから大人まで楽しめる内容。メッセージには「ことばの響きやイラストからもリトアニアを感じていただけますと嬉(うれ)しく存じます」などとつづられ、7日に届いていた。

 絵本は3町の小学校や図書館に配布。メッセージは各町長宛てに贈られた。むかわ町の竹中喜之町長は「各町の小学生の皆さんが五輪を通し、リトアニアに興味を持ってくれることを期待している。直接の交流はできなかったが、この機会を通して3町とリトアニアがさらにお付き合いを深めていけたら」と謝辞を述べた。

 同町では、お返しに「むかわ竜」のピンバッジを贈る予定だ。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク