全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山陽小野田市で東京パラリンピックへ向け採火

西川さん(右)が垂らした溶けたガラスを火種に立ち上る炎(きららガラス未来館で)

東京パラリンピックの聖火にするために全国で地域ゆかりの炎が採火されている。山陽小野田市でも15日、きららガラス未来館で窯業のまちにちなみ、ガラス作品制作用の溶解炉から採火された。県内19市町から集められた火が「山口県の火」として一つになり共生、平和の思いを乗せて16日夕、東京へ送り出される。

 山陽小野田市は6世紀には須恵器の生産地として栄え、近代は硫酸を入れる陶器を70%の全国シェアで生産していた窯業のまちの歴史を持つ。硫酸瓶はタンクローリーに取って代わられたが、現在ではガラス産業がその伝統を引き継いでいる。

 聖火用の火は、それにちなみ、多くのガラス芸術作品を生み出している、きららガラス未来館で2004年のオープン時から絶えることなくともされている炎から採火することになった。     当初は市内在住の全国障害者スポーツ大会派遣選手らが採火セレモニーに参加予定だったが、新型コロナ感染拡大の影響で中止となり、市職員らが代行した。     同館のガラス工芸作家、西川慎さんがホットショップ(吹きガラス室)内に設置された1200度もの高温になる溶解炉から溶けたガラスを吹きざおで巻き取った。溶けたオレンジ色のガラスが銅鍋の中に敷かれた木くずに垂れると、一挙に炎が燃え上がった。これを市職員がトーチで採火し聖火用ランタンに移した。無事に山陽小野田市の火が揺らめくと拍手に包まれた。     同館は年間2万人の来館者が集う人気スポット。西川さんは「健常者だけでなく高齢者や障害を持っている人も、ガラス文化に触れてもらっている。そんな火が東京パラリンピックの聖火として託されるのは感慨深い」と話した。     県内から集められ一つになった「山口県の火」は16日、村岡嗣政知事から県障害者スポーツ協会の藤田英二会長に渡され、開催都市の東京へ送り出される。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク