全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

与那国で感染爆発 今月だけで33人 島内、緊張高まる 町、防災無線で呼び掛け 

感染急拡大に伴い人通りが少なくなった町内=14日午後、祖納(田頭政英通信員撮影)

 【与那国】「今月に入り、確認された感染者は合計33人。感染が落ち着くまでにはしばらく時間を要する。 個々、家庭内、職場などでの感染対策の徹底を」。新型コロナウイルスの新規感染者が今月に入って33人と爆発的に増えている与那国島。町は14日、防災無線で感染状況を説明し、感染防止対策の徹底を呼び掛けた。「島全体が感染するのでは」。住民間には緊張感が高まっている。

 町内では5日に3人の感染が出て以降、7日3人、8日1人、11日3人、12日3人、13日4人と断続的に確認され、14日には16人と一気に増えた。人と人の接触する機会が多くなった町長選(3日告示、8日投開票)の期間中に感染が広がったとみられており、今後も予断を許さない状況だ。

 「この感染拡大はやばい」。60代女性は選挙関係事務所のほか冠婚葬祭の場、各家庭で拡大したとみる。PCR検査を拒否した町民から感染が広まっているという真偽不明のうわさも出ているという。「商店とか郵便局が閉まらないか心配。クラスターどころでない。もっと拡大して島全体が感染するのではないか」と心配そう。

 「(普段の生活では)都会に比べたら自粛意識は高かったと思う」と言う40代男性は「高齢者から重症者が出ないでほしい」と願い、「町役場では通常通りの業務ができないかもしれない。今のところ、生活に支障を感じているわけではないが、夏休みが明けて学校が再開するまでに終息してほしい」と望んだ。

 祖納地区住民の1人は「昨日までは外出する人も見かけられたが、今日は全く人が歩いておらず、夕方に海で遊ぶ子どももゼロ。町が防災無線で発表したこともあって驚いたのではないか」と町民の変化を感じた。

 一方で「警戒心を持ったのは良かったが遅い。マスク着用率が低く、濃厚接触者に当たるとみられる人も出歩いていた。今回の感染爆発は町民の危機意識の低さが出たと思う。多くの観光客がマスクをつけていないことにも違和感を覚える。とにかく人流を止めないと収まらない」と指摘した。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク