全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺市で映画撮影 和歌山の魅力テーマに

田辺市内の居酒屋で撮影の打ち合わせをする俳優陣(13日、和歌山県田辺市湊で)

「紀の国わかやま文化祭2021」で上映される映画「紀州騎士~きしゅうでないと!~」の撮影が13日、和歌山県田辺市であった。上富田町市ノ瀬のまちおこし団体の代表でプロデューサーを務める吉田耕司さんは「和歌山の魅力を掘り下げ、地域を元気にできる作品に仕上げたい」と意気込んでいる。
 わかやま文化祭の地域文化発信事業の一つ。海南市の市民団体「魅力発見!海南を撮りたい会」と映画監督の中野広之さんで制作委員会を結成し、企画。6日から湯浅町で撮影が始まり、県内各地で撮影を予定している。
 湯浅町の老舗しょうゆ蔵の娘として生まれ育った主人公が、さまざまな困難を抱えながらも新聞記者として県内を取材し、自然や文化などに触れていくうちに和歌山の魅力を知り、出会った人と助け合いながら生きていく――というストーリー。
 主人公を演じるのはすさみ町出身の俳優、七海薫子さん。ほかに田辺市出身の俳優、小西博之さんが米農家役として出演、俳優の原田龍二さんも友情出演する。
 この日は田辺市湊の居酒屋を貸し切り、主人公が同級生と数十年ぶりに再会するシーンなどを撮影した。
 映画は10月30日午後2時~4時、串本町田並の田並劇場で初上映。31日午後6時~8時、上富田町市ノ瀬の興禅寺でも上映する。

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク