全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

伝統の舞、勇壮に 能代山本各地で郷土芸能〝お盆公演〟

伝統の囃子に合わせて勇壮な舞を披露した切石ささら踊(能代市二ツ井町切石地区で)

 お盆の13日、能代山本の各地では、ささらや駒踊りなどの郷土芸能が披露され、先祖の霊を慰めた。各保存会とも少子高齢化などで担い手が不足している現状に加えて、昨年から続く新型コロナウイルスの影響で活動の自粛や縮小を余儀なくされる地域もあり、昨年と同様に郷土芸能のお盆の実演は限られた地区だけの実施となったが、各保存会は伝統芸能を継承する熱意を示しながら囃子(はやし)に合わせて勇壮な舞を繰り広げた。

 このうち能代市二ツ井町の切石地区では、県指定無形民俗文化財の「切石ささら踊」が行われ、小中学生を含む住民らが獅子舞や奴(やっこ)舞を披露して先祖の霊を慰めた。
 切石ささら踊は、佐竹公が常陸国から秋田に国替えした際に随行してきた道地村(現能代市扇田)藤原家の先祖一族の間に伝えられる作々楽(ささら)踊に由来しているとされる。切石郷土芸能振興会(工藤晃会長)が伝承しており、毎年13、14日に先祖供養と豊作を祈願して舞を披露しているが、新型コロナウイルスの影響で、昨年に続いて13日だけに規模を縮小して実施した。
 小中学生を含め、太鼓や笛などの囃子方を合わせて総勢約30人が参加し、切石コミュニティセンターで神事を行った後、地区内を練り歩き「宿前」と、墓地で演舞を披露した。
 宿前では、地域住民らが見守る中、獅子舞は2匹の男獅子が1匹の女獅子を奪い合う物語を躍動感たっぷりに披露。奴舞は扇子や綾竹などを使いながらしなやかに舞い踊り、演目が終わるごとに観客から大きな拍手が送られていた。墓前でも奴舞などを勇壮に披露し、伝統芸能を引き継いでいることを先祖に報告した。県内でも依然として新型コロナ感染拡大の収束が見通せない中、対策を講じながらこの日の演舞のため踊り手の子どもたちが直前の2日間練習するなど準備した。工藤会長は「例年であれば2週間ほど練習して本番を迎えるところだが、練習が2日しかなく、芸能の伝承に不安も感じる」としながら、それでも「今年も地域と先祖に報告できたことは良かったと思う」と話していた。
 能代山本ではこのほか、各地で駒踊り、ささら踊りなどが披露されたほか、14日に実施する地区もあり、各団体とも新型コロナと少子高齢化などの逆風の中でも、受け継がれてきた伝統芸能を守っていく熱意を示した。会場では地域住民のほか、数少ないながらも帰省者が見守るなど、にぎやかに舞い踊る姿を楽しみ、「ふるさとの夏」を味わっていた。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク