全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

遺産登録契機に広域連携GCF 自然保護へふるさと納税 奄美、沖縄の7市町村

自然保護のためのふるさと納税を呼び掛ける奄美大島の首長ら=13日、奄美市名瀬

 世界自然遺産登録を契機に鹿児島県奄美群島や沖縄県の7自治体は13日までに、自然環境保護を目的とした広域連携ガバメントクラウドファンディング(GCF)を開始した。資金調達には、ふるさと納税制度を活用。希少種のロードキル対策、環境学習講座など自治体ごとに取り組みを設定し、目標寄付額合計2750万円を掲げた。同日、奄美大島5市町村長らが記者会見し「経済効果や自然遺産登録の機運醸成に期待したい」などと語った。

 GCFは自治体が特定の目的を設け、ふるさと納税を募る仕組み。通常のふるさと納税が「返礼品」に重点を置いているのに対し、GCFは「寄付金の使い道」から寄付先を選ぶことで、より地域課題の解決につながるとされる。

 今回は「奄美・沖縄の世界自然遺産保護の取り組みを応援しよう!」と銘打つ広域連携プロジェクトを展開。奄美大島5市町村、徳之島の天城町、沖縄県竹富町の7自治体が参加した。

 鹿児島県・奄美大島の取り組みと目標金額は▽奄美市がロードキル防止のイラストワークショップ、アマミノクロウサギの生態調査などに300万円▽大和村が水辺の広場の土砂除去などに700万円▽宇検村が世界自然遺産博士講座運営費に100万円▽瀬戸内町がクロウサギの事故防止看板、インバウンド(訪日外国人)向けの観光マナー啓発看板などの設置費用に300万円▽龍郷町が自然を描くコンテスト開催費用に350万円。

 それぞれ黒糖焼酎やクルマエビ、ジェラートなどの返礼品を用意。トラストバンク(本社東京、川村憲一代表取締役)が運営するふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」に特設ページが開設されている。

 奄美大島の会見には首長や同社の川村代表取締役らが出席した。朝山毅奄美市長は「返礼品を通した地域経済の活性化や奄美の魅力発信とともに、連携した取り組みで世界自然遺産の島としての意識醸成が図られる」と期待を寄せた。

 また、鹿児島県天城町は世界自然遺産学習「あまぎ学」の児童向け副読本作成費用に200万円を設定した。森田弘光町長は「町内の人、文化、歴史、自然環境など世界的な価値を学ぶプロジェクト。趣旨に賛同し、ご支援を」と呼び掛けた。

 いずれも期間満了型で、奄美大島5市町村と天城町が13日から11月10日までの90日間。竹富町(目標額800万円)は7月2日にスタートし、9月29日まで寄付を募る。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク