全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

平和の灯間近に 諏訪市でパラ聖火ビジット

ランタンにともる聖火を見つめる金子市長(左)と地元の子ども。諏訪清陵高校書道部が作った横断幕(上)も掲げた

24日開幕の東京パラリンピックに向けて、諏訪市は13日、ランタンにともされた聖火を駅前交流テラスすわっチャオに1日限定で展示した。12日に富士見町の井戸尻史跡公園で地元住民らがおこした火をランタンに分け、諏訪地方各地で一般公開する「聖火ビジット」の一環。来館者は平和の灯を間近に鑑賞した。

新型コロナの感染拡大を受けて、地元の子どもたちによる合唱披露などのセレモニーは中止。金子ゆかり市長が午前10時にすわっチャオ内のイベントスペースにランタンを設置し、「一人ひとりが持てる力を発揮して輝ける共生社会を目指しているが、選手らは間もなくスポーツの世界で頑張る姿を見せてくれる。無事に成功することを願う」とあいさつ。ランタンのそばには諏訪清陵高校(同市)書道部が「TOKYO2020パラリンピック」などの文字や競技の絵「ピクトグラム」を描いた横断幕を掲げた。すわっチャオが閉館する午後9時30分まで飾った。

家族と聖火を見た下諏訪町の年中児(5)は「火の形が面白かった。きれいに光っていた」と笑顔で話していた。

ランタンの火は15日に茅野市内の商業施設で岡谷市に展示したランタンの火と合わせて一つにする。さらに16日に長野市内で県内10圏域の火を一つにし、東京に送り出す。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク