全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

自転車で北海道一周 高橋康夫さん夢かなえる 70歳の誕生日前日にゴール 厚真

厚真町本郷在住の高橋康夫さん(70)がこのほど、自転車で北海道の海岸線一周(約2400キロ)を達成した。7月4日から約1カ月かけて、70歳の誕生日を迎える前日の今月1日にゴール。高橋さんは「60代のうちに道内を自転車で回りたいという夢があった。70歳になるまでに戻ってこられてよかった」と喜びを語った。

70歳を前にして自転車での北海道一周を達成した高橋さん

 剣道や山登りなどを楽しみ、胆振東部地震後は仮設住宅の談話室で体操教室も開いていた。自転車は趣味でたしなむ程度だったが、新型コロナウイルス感染拡大による活動自粛のタイミングで敢行することを決意し、7月4日に道南方面に向かって自宅を出発した。

 小樽市まで行ったところで、自転車のギアが壊れるアクシデントにも遭ったが、途中で自転車を買い換えて続行。雨の日も休むことなく黙々と自転車をこぎ続けた。宿泊先ではアイシングやストレッチなど体のケアを入念に行い、飲食も毎日調整した。

 知床峠や道内一長いと言われるえりも黄金トンネルを越えた。海や街並みで変わる景色やにおいを感じる一方、走れど自動販売機すら出てこない時には「心細くなったりもした」。ロードの途中で「近くを通った人が差し入れをしてくれたり、子どもたちが『頑張れ』と声援を送ってくれたのは感動的でしたね」

 妻の真理子さん(70)も期間中、常に連絡を取り、宿の手配などで協力した。周囲からは「無理だから、やめろ」「もう帰ってこい」とも言われていたが、「思い立ったらやり抜くところがある。何でも続けることが得意な人だから」と最後まで後押しを続けた。厚真町に戻った際は友人たちと共にちょうちんや横断幕を掲げて迎えたという。

 ゴールから数日がたち、「だんだんと怖さがこみ上げてくる。走っていた時はがむしゃらだったけれど、振り返ってみると車が横を走ったり、トンネルは暗いし、峠なんてよく走ったな」と心境を語る高橋さん。再度挑戦しますか―と聞くと、「もうやらないよ。また違うことを探す」と言って笑った。

関連記事

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

女児に付きまとい校区で続発 帯広栄小学校 防犯教室を前倒し

 帯広栄小学校(市西17北1、塩田直之校長、児童393人)の校区内で4月中旬から不審者情報が相次いでいることを受け、同小は予定していた恒例の防犯教室を前倒しし、16日に実施した。帯広署員を講師に招...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク