全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

自転車で北海道一周 高橋康夫さん夢かなえる 70歳の誕生日前日にゴール 厚真

厚真町本郷在住の高橋康夫さん(70)がこのほど、自転車で北海道の海岸線一周(約2400キロ)を達成した。7月4日から約1カ月かけて、70歳の誕生日を迎える前日の今月1日にゴール。高橋さんは「60代のうちに道内を自転車で回りたいという夢があった。70歳になるまでに戻ってこられてよかった」と喜びを語った。

70歳を前にして自転車での北海道一周を達成した高橋さん

 剣道や山登りなどを楽しみ、胆振東部地震後は仮設住宅の談話室で体操教室も開いていた。自転車は趣味でたしなむ程度だったが、新型コロナウイルス感染拡大による活動自粛のタイミングで敢行することを決意し、7月4日に道南方面に向かって自宅を出発した。

 小樽市まで行ったところで、自転車のギアが壊れるアクシデントにも遭ったが、途中で自転車を買い換えて続行。雨の日も休むことなく黙々と自転車をこぎ続けた。宿泊先ではアイシングやストレッチなど体のケアを入念に行い、飲食も毎日調整した。

 知床峠や道内一長いと言われるえりも黄金トンネルを越えた。海や街並みで変わる景色やにおいを感じる一方、走れど自動販売機すら出てこない時には「心細くなったりもした」。ロードの途中で「近くを通った人が差し入れをしてくれたり、子どもたちが『頑張れ』と声援を送ってくれたのは感動的でしたね」

 妻の真理子さん(70)も期間中、常に連絡を取り、宿の手配などで協力した。周囲からは「無理だから、やめろ」「もう帰ってこい」とも言われていたが、「思い立ったらやり抜くところがある。何でも続けることが得意な人だから」と最後まで後押しを続けた。厚真町に戻った際は友人たちと共にちょうちんや横断幕を掲げて迎えたという。

 ゴールから数日がたち、「だんだんと怖さがこみ上げてくる。走っていた時はがむしゃらだったけれど、振り返ってみると車が横を走ったり、トンネルは暗いし、峠なんてよく走ったな」と心境を語る高橋さん。再度挑戦しますか―と聞くと、「もうやらないよ。また違うことを探す」と言って笑った。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク