全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「どこでもドア」から出発? 幕別・十勝ヒルズ

ヒマワリ畑の前に設置された「どこかにいけるかもしれないドア」。来園者が写真撮影を楽しんでいる

 観光庭園の十勝ヒルズ(幕別町日新13)に、「どこかにいけるかもしれないドア」が設置されている。ヒマワリ畑の入り口に突如現れた扉の前で、来場者が写真撮影を楽しんでいる。15日まで。

 初の試み。同園の高田玲子ヘッドガーデナーが出身地の富山県で「ドラえもん」の「どこでもドア」を模したドアが設置されている施設があることに興味を持ち、園に足を運ぶきっかけにしようと仕掛けた。今月見頃を迎える、園内北端の約2万5000本のヒマワリ畑の前に設置した。

 原作のドアはピンク色だが、「ヒマワリの黄色と反対色で、それぞれの存在感を引き立てるのでは」(高田さん)と青色に。ドアは木製で、帯広市の木工を趣味とする人に制作を依頼した。7日に設置し、早速、SNS上で投稿が相次ぐなど話題になっている。

 「コロナ禍で遠方に行きづらい中、『どこかに行けるかも』という気分だけでも味わってほしい」と村本功士支配人。好評を受け、ドアは来季の設置も検討している。開園は午前9時~午後5時。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク