全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

鹿商相撲部 2年ぶり奄美合宿 出身選手が後輩に胸貸す 奄美市名瀬

奄美合宿で汗を流す鹿児島商業高校相撲部と地元の小学生ら=12日、鹿児島県奄美市名瀬

 鹿児島商業高校相撲部(禧久昭広監督、部員8人)の奄美合宿が11~13日、鹿児島県奄美市名瀬の御殿浜公園内相撲錬成道場で行われた。同部は今月6~8日に新潟県であった全国大会(インターハイ)に出場。個人100キロ級で住用中出身の市田愛翔選手(3年)が3位入賞を果たすなど活躍した。合宿には、わんぱく相撲全国大会(10月31日、両国国技館)に出場予定の県代表児童らも参加。全国トップレベルの高校生の胸を借りて基礎練習に汗を流した。

 新型コロナウイルスの影響もあり、奄美合宿は2年ぶり。インターハイまで戦った部員らのリフレッシュも兼ねて実施した。

市田選手(前列左)ら5人の奄美出身選手が在籍する鹿児島商業高校相撲部=12日、鹿児島県奄美市名瀬

 全国3位と健闘した市田選手は大会を振り返り、「最高だった。優勝を目指して結果は3位だったが、最後まで思いっきり自分の相撲を取ることができた」と笑顔。「小さい時は辞めたいとばかり思っていたが、ここまで続けてきてよかった。支えてくれた方々に感謝している」と話した。

 朝日中出身の西加陽斗主将(3年)は「島での練習は気合が入る。インターハイの団体戦はベスト8と悔しい結果だったので、10月の国体はリベンジのつもりで臨む。チーム鹿商としては戦えないが、鹿児島代表として優勝できるように頑張りたい」と抱負を語った。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク