全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

研磨機の火花を聖火へ 苫小牧で東京パラリンピック採火式 銀メダリスト須藤さんが参加

苫小牧市は12日、東京パラリンピック(24日~9月5日)の聖火の採火式を本庁舎の正面玄関前広場で行った。新型コロナウイルス感染予防のため無観客としたが、スケート靴用の研磨機を使って火をおこし、全国初のスポーツ都市宣言をした「氷都」苫小牧を発信した。ランタンにともした火は13日まで、本庁舎1階に展示している。

研磨機の火花で先端を燃やしたスティックでドラム缶に火を移す須藤選手(右端)=12日午前10時10分ごろ

 パラスポーツ選手ら関係者約10人が出席。岩倉博文市長が「コロナ禍での開催だが、市民と一緒に応援し、盛り上げたい」とあいさつした。

 新ときわスケートセンターのスタッフが研磨機でスケート靴の刃を研ぎ、飛び散った火花を、パラアイスホッケー選手の須藤悟さん(50)が使用済みスティックの先端に移し、ドラム缶に点火。さらに岩倉市長がトーチで聖火用のランタンに火をともした。ドラム缶はとまこまいスケートまつりの名物「しばれ焼き」用の缶を使い、苫小牧ならではの特徴を演出した。

 須藤さんは苫小牧市出身で、2010年のバンクーバー冬季パラリンピックの同競技で銀メダルを獲得。採火式を終え、「研磨機を使うなんて、面白い火の付け方だと思った。うまくいって、よかった」と笑顔を見せた。

 採火式は全国各地で独自の方式で行われる。道内では12~16日、約20市町村で思い思いにおこした火を札幌市に集めた後、東京に運ぶ予定。

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク