全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

キッチンカー「いきなり団子」 実家被災、帯広の山口さん熊本応援

いきなり団子を販売するキッチンカーと山口さん夫妻。「熊本に興味を持つきっかけになれば」と話す

 熊本県の郷土おやつ「いきなり団子」のキッチンカーが、十勝を走っている。販売に当たるのは同県出身の元自衛官で、2016年の熊本地震で実家が被災した山口斉さん(57)=帯広市。故郷を応援したいと、退職後に妻の千文さん(57)と一念発起し、熊本の魅力を発信している。

 山口さんは19年3月、帯広駐屯地を最後に陸上自衛隊を定年退職した。在職中はヘリコプター操縦士として、雲仙・普賢岳の大火砕流や有珠山噴火など災害派遣にも従事。熊本地震の際は佐賀県目達原(めたばる)駐屯地から支援に向かった。

 両親や弟が住む実家は震度7の地震に2度見舞われた益城町にあった。幸い家族は無事だったが、家は全壊。風呂場の壁は壊れ、家の中はぐちゃぐちゃに。天井には、たんすがぶつかった跡もあった。

 震災前は退職後に帰郷したいとの思いがあった山口さんだが、被災を受けて諦めた。現在、高齢の両親は帯広に移住し、弟は熊本の復興住宅で暮らしている。被災した故郷の支援活動に当たる中で、「熊本のために何かしたい」と考えるようになった。

 退職後の昨年4月、家族と相談して始めたのがキッチンカーだった。販売する「いきなり団子」は熊本では各家庭で親しまれ、同じく熊本出身の千文さんともどもなじみ深い郷土のおやつ。「いきなり」は熊本の方言で「簡単、手軽」などの意味がある。突然の来訪でもすぐに作ってもてなせるよう、生のサツマイモと粒あんを小麦粉の生地で包んで蒸したもので、手土産にもなる。

 店名は「きなっせ」で、やはり熊本の方言で「こっちにおいで」の意味。十勝ではなじみの薄いいきなり団子だが、ほぼ毎日の営業やSNSなどを通じて徐々にファンが増えてきた。十勝在住の熊本出身者とのつながりもできた。

 コロナ禍もあり、熊本には地震以来、帰れていない。それでも店に募金箱を置いたり、熊本城の再建に寄付したりと、十勝からできることで支援する。

 いきなり団子は現在、「あずき」「栗」「あんバター」など8種類を扱い、1個180~220円。山口さん夫妻は「益城はまだ役場も仮の状態で、復興住宅も完全にできたわけではない。いきなり団子を通じて熊本を知ってほしい」と話している。

「あずき」「栗」など8種類を販売している「いきなり団子」

 出店情報はフェイスブックで。問い合わせは山口さん(090・9431・0629)へ。

関連記事

ユリ根で揚げかまぼこ 大坂農場が道の駅・忠類で販売

 ユリ根農家の大坂農場(幕別町忠類新生176、大坂崇士代表)がユリ根を使った揚げかまぼこ「ナウマンボール」の販売を道の駅・忠類で始めた。同農場として加工品作りに挑戦するのは初の試み。毎年一定数出る...

長野日報社

マツタケ「どっさり」量り売り 長野県伊那市の産直市場

長野県伊那市ますみケ丘の産直市場グリーンファームで、マツタケの入荷が最盛期を迎えた。20日は豊作のときだけ行う「量り売り」を久しぶりに実施。連休でにぎわう売り場が一段と活気づいた。 先週末か...

十勝8店の“あんことミルク”食べて応援

 十勝を代表する小豆や乳製品の消費喚起を目的に、管内8店舗のオリジナル商品を応援する「あずき食べてみるく?キャンペーン」が、30日まで行われている。同キャンペーン事務局は「小豆と乳製品の相性は抜群...

長野日報社

チョウザメ仲間入り 南箕輪の大芝湖に放流

南箕輪村大芝高原の各施設を運営する村開発公社は14日、大芝湖にチョウザメ2匹を放流した。下伊那郡豊丘村を拠点に養殖に取り組む住民から譲り受けた個体。観賞用として飼育し、村民ら多くの人に親しんでもらい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク