全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「実りの秋」早くも到来 学校給食米の稲刈り

稲穂を刈り取る町地産地消米生産者組合の坂本渡副組合長(11日、和歌山県串本町高富で)

 和歌山県串本町高富にある田んぼで11日、早くも稲刈りが始まった。町内の学校給食に使う米を栽培している「町地産地消米生産者組合」(山下敏文組合長、22人)で副組合長を務める坂本渡さん(68)=串本町二色=が米を作っている田んぼ。坂本さんは「地元のおいしい米を地元の子どもたちに届けたい」と話している。

 高富地区などでは台風の多い時季を避けて早めに収穫できるよう、毎年、他の地区より早く田植えをして、暦の上では秋を迎える立秋のころ収穫している。生産者組合では町内各地の田んぼ計約21ヘクタールで給食用の米を栽培。坂本さんは高富と二色にある田んぼ約2・8ヘクタールのうち、約1ヘクタールの米を給食用に出しているという。
 この日は午前9時ごろから、高富地区にある約20アールの田んぼで黄金色になってたわわに実ったコシヒカリの稲穂を、稲刈り機を使って収穫した。
 坂本さんは「今年は梅雨入りが早かった影響で収穫時季が例年より全体的に遅れているが、梅雨明けが早く、その後は良い天気が続いたので豊作。新米が食べられる2学期を楽しみにしてもらえたら」と笑顔。山下組合長(71)=同町伊串=も「組合員が高齢化しているが、今年は新たに若い人が1人入ってくれて大変うれしい。これからも力を合わせて取り組んでいきたい」と話していた。
 生産者組合のメンバーが栽培している田んぼでの収穫作業は、9月20日ごろまで続く見通しという。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク