全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

39年前の雪辱果たして 帯広農業甲子園戦士がエール

 夏の甲子園大会(第103回全国高校野球選手権大会)初戦を12日に迎える帯農ナイン。39年前の1982年に初出場した当時の選手たちも後輩の快挙を喜び、本番に向けて熱い視線を注いでいる。悲願の甲子園1勝を挙げ、自分たちの雪辱を果たしてほしいとエールを送っている。

初の甲子園大会の開会式で入場行進する1982年のナイン

 39年前の甲子園で左腕エースだった加藤浩一さん(57)=札幌市、団体職員=は7月25日の北大会決勝をテレビで観戦し「素晴らしい試合」と拍手を送った。「私たちの時代に比べて打撃は全然違う。守りもしっかりしていた」と攻守に目を見張った。

「気負わず自分たちの野球を」をエールを送った加藤さん

 三塁手だった水野英暢さん(55)=福島県、中学教諭=はインターネットで母校の活躍をチェック。「コロナの中でよく頑張った」とたたえながらも、「やっと行けた」と、前回の夏出場から長い時間もかかったと実感した。

 39年前のチームは星栄監督(故人)の下、厳しい練習を乗り越え甲子園切符を勝ち取った。

 二塁手だった増地孝幸さん(57)=浦幌町、道職員=は「公式練習で甲子園球場に入ってはいたが、開会式は5万人の観客に圧倒された」と懐かしむ。加藤さんも入場行進を思い浮かべ「ついにここ(甲子園)に来た。気持ちよかった」と心に熱いものがこみ上げた。

高校時代に使ったグラブを手にする増地さん。持ち帰った甲子園の土は瓶に入れて大事に取っている

 初戦の益田(島根)とは初出場同士だった。増地さんは「どこかフワフワしている感じで、あっという間に試合が進んだ」と振り返った。加藤さんは、肘の調子が悪く思い通りの投球ができず、「甲子園のマウンドだと意識はしなかったが、キャッチャーまでが遠く感じた。1回勝てればよかったが悔いはなかった」と思い出を語った。

 12日の初戦を控える後輩たちに、水野さんは「甲子園で自分たちのプレーを自信を持ってやってほしい。それがこれからの帯農野球の伝統になる」と激励する。

 増地さんは「北大会で見せた楽しそうな野球ができればいい。(明桜の)好投手でも今の打線なら打ってくれるはず」と力を込めた。

 加藤さんは「早く平常心を取り戻すことが大事だが(交流試合で甲子園は)去年経験しているので大丈夫。1勝といわず2勝、3勝してほしい」と健闘を祈っている。

<帯農の甲子園初出場>
 1982年7月、第64回選手権大会の北北海道大会決勝で北見北斗を破って初優勝。十勝勢では帯広高校(現帯柏葉)、帯三条、帯工に続く4校目の甲子園出場だった。大会5日目の8月10日、2回戦の第4試合に登場。初戦の相手は益田(島根)で、接戦の末に2-5で敗れた。九回の帯農の守備中、1イニング4アウトの珍事が起きたことでも知られる。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク