全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

元さん、難関の空手6段合格  病後、20年越し悲願達成  全空連公認段位

全空連公認段位審査で6段に合格した元博通さん=10日、鹿児島県奄美市名瀬

 全日本空手道連盟による2021年度公認段位審査会の結果がこのほど発表され、鹿児島県立大島高校空手道部の外部コーチを務める元博通さん(70)=奄美市名瀬=が6段に合格した。合格率は20%ほどの難関といわれる6段以上の取得者は奄美では3人目。元さんは「病気をした後だったので喜びも格別。当面の目標は9月にあるマスターズ大会での優勝」と前を見据えた。

 公認6段の試験は年1回実施。筆記と実技があり、実技は形二つ、組手1試合を行う。受審資格は、公認5段取得5年以上の満34歳以上にある。

 元さんは大学から空手を始め、1993年に5段を取得。順当に6段にも挑戦していたが、なかなか成果が実らず一度は諦めてしまったという。

 教職を務めて約40年。大島高校では世界史を教えながら空手道部で後進の指導にあたっていたが、5年前に脳出血で倒れて入院。2カ月間、病室の天井を眺める日々が続いた。

 立ち上がれない、歩けない状態から自分を奮い立たせようと、もう一度空手を始めることを決意。リハビリに取り入れて少しずつ体が動くようになっていった。

 審査会には昨年もチャレンジしたが昇段ならず。悔しさをばねに正月も返上で毎日練習を重ね、受審資格を得てから約20年、5度目の挑戦で合格をつかみ取った。元さんは昨年12月に剛柔流の7段に合格しており、「結果が励みになった」と振り返った。

 座右の銘は「氣」。何事も気持ち次第。教え子たちには、常に謙虚で礼儀正しくあるように説き、自身もそれを心掛ける。

 元さんが公認7段の受審資格を得るのは6年後の2027年以降。「もちろん挑戦するつもり」と笑顔で話した。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク