全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

元さん、難関の空手6段合格  病後、20年越し悲願達成  全空連公認段位

全空連公認段位審査で6段に合格した元博通さん=10日、鹿児島県奄美市名瀬

 全日本空手道連盟による2021年度公認段位審査会の結果がこのほど発表され、鹿児島県立大島高校空手道部の外部コーチを務める元博通さん(70)=奄美市名瀬=が6段に合格した。合格率は20%ほどの難関といわれる6段以上の取得者は奄美では3人目。元さんは「病気をした後だったので喜びも格別。当面の目標は9月にあるマスターズ大会での優勝」と前を見据えた。

 公認6段の試験は年1回実施。筆記と実技があり、実技は形二つ、組手1試合を行う。受審資格は、公認5段取得5年以上の満34歳以上にある。

 元さんは大学から空手を始め、1993年に5段を取得。順当に6段にも挑戦していたが、なかなか成果が実らず一度は諦めてしまったという。

 教職を務めて約40年。大島高校では世界史を教えながら空手道部で後進の指導にあたっていたが、5年前に脳出血で倒れて入院。2カ月間、病室の天井を眺める日々が続いた。

 立ち上がれない、歩けない状態から自分を奮い立たせようと、もう一度空手を始めることを決意。リハビリに取り入れて少しずつ体が動くようになっていった。

 審査会には昨年もチャレンジしたが昇段ならず。悔しさをばねに正月も返上で毎日練習を重ね、受審資格を得てから約20年、5度目の挑戦で合格をつかみ取った。元さんは昨年12月に剛柔流の7段に合格しており、「結果が励みになった」と振り返った。

 座右の銘は「氣」。何事も気持ち次第。教え子たちには、常に謙虚で礼儀正しくあるように説き、自身もそれを心掛ける。

 元さんが公認7段の受審資格を得るのは6年後の2027年以降。「もちろん挑戦するつもり」と笑顔で話した。

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク