全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

来年の酒井家庄内入部400年に向け 「郷土」テーマに動画制作(鶴岡市内の高校生)歴史と文化スマホで撮影

 鶴岡市内の高校生を対象に、郷土をテーマにした動画制作のワークショップが8、9日の2日間、同市の鶴岡公園周辺で行われた。松ケ岡開墾や庄内柿などをテーマに、自分たちで企画、撮影、編集し、郷土への理解を深めた。

鶴岡公園内で動画を撮影する高校生たち=9日午前

 酒井家庄内入部400年記念事業実行委員会(実行委員長・皆川治鶴岡市長)と鶴岡市などが来年の入部400年に向け、若い世代の郷土愛を醸成しようと実施。市内の高校生13人が参加した。

 初日の8日は鶴岡市役所別棟で、映像制作などを手掛ける合同会社dano(同市)の難波竜次代表の指導で、動画の企画や撮影のコツなどを学んだ。3チームに分かれ、「酒井家庄内入部400年」をテーマに「鶴岡のこれまで、これからの鶴岡」を表現する動画を、絵コンテを描くなどして企画。各チームは「松ケ岡開墾」「庄内柿」「荘内神社」をテーマに9日昼ごろにかけ、鶴岡公園周辺で撮影した。

 2日目の9日午前、各チームは公園内で、着物姿で摸造刀や鍬(くわ)を持ち、旧藩士が刀を鍬に替えて開墾したとされる松ケ岡の歴史を表現したり、庄内柿の普及に尽力した酒井調良翁の銅像、荘内神社参道を歩く姿などをスマホで撮影。画角や構図を変えるなど演出を考えながら、楽しそうに取り組んでいた。

 鶴岡中央高3年の高梨蓮さん(17)は「鶴岡は、大正ロマンの雰囲気がいい大寶館など、独自の文化が好き。松ケ岡の開墾があったから今の鶴岡があることなど、動画を通じ鶴岡の歴史や文化を再認識してもらえたら」と話した。

 撮影後は市役所別棟に戻り、各15秒の動画にまとめ、完成した動画をお互いに鑑賞した。今後、今回の参加者を中心に山形ふるさとCM大賞制作チームを結成し、「酒井家庄内入部400年」をテーマにCMを制作、応募する予定。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク