全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

台町「相馬樓」×「山王くらぶ」 夕涼みさんぽ満喫(酒田)

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)、「山王くらぶ」(指定管理者・チアーズ)による合同イベント「台町夕涼みさんぽ」が7日夜、両館などで行われ、ライトアップを施しながら午後8時まで開館時間を延長。相馬樓は酒田舞娘の踊り鑑賞会、山王くらぶではプロジェクションマッピングで夜のにぎわいを演出した。

浴衣姿の来館者が酒田舞娘と記念写真=相馬樓

 「混雑のあまり肩がぶつかって、まっすぐ歩けなかった」と回顧する人がいるほど、数多くの飲食店が軒を並べ、行き来する市民らでにぎわうなど酒田の繁栄・栄華の象徴だった台町かいわい(日吉町一丁目、同二丁目、船場町一丁目など)に位置し、往時の料亭文化を今に伝える両館が今回、夜のにぎわい創出、酒田の思い出づくりに向け、東北デスティネーションキャンペーンに合わせて企画した。

 両館とも夜の営業は午後5時にスタート。相馬樓では同6時から、同7時からの2回、地方の小鈴姐さんの三味線演奏に合わせて酒田舞娘が「花笠音頭」など3番を披露。行楽客らは冷たい飲み物、甘味を味わいながら優雅な舞を鑑賞していた。一方、山王くらぶのプロジェクションマッピングは、市内のウェブ制作会社「AddWill」の武田悠社長(24)=同市上安町二丁目=が手掛けたもの。「元気よ、届け」をテーマにした映像が傘福が立ち並ぶ大広間、出入り口脇にあるふすま絵を華やかに演出。訪れた人は音楽とリンクしたその映像に「きれい」と見入っていた。

 両館とも浴衣姿での来館者には各種特典があった他、両館を巡って平田牧場商品などが当たる福引も。数量限定で青竹ちょうちんのプレゼントもあり、これを手に早速、周囲を散策するなど夜の酒田を満喫していた。同様のイベントは14日(土)にも行われる。問い合わせは山王くらぶ=電0234(22)0146、相馬樓=同(21)2310=へ。

山王くらぶ大広間を華やかに演出したプロジェクションマッピング

関連記事

長野日報社

幻想的ほおずき提灯 伊那市高遠町ご城下通り

長野県伊那市高遠町の「ご城下通り」沿いに21日、ほおずき提灯が飾り出された。辺りが暗くなると明かりが入り、稲穂を模して笹竹につるした赤い提灯が通りを幻想的に照らした。 22日に宵祭り、23日に本祭...

荘内日報社

“映画の灯”再び 鶴岡まちキネプレ上映会 10月から3カ月週末中心に多彩な作品

 昨年5月に閉館した鶴岡市の旧鶴岡まちなかキネマ(まちキネ)の一部の上映機能を交流スペースとして活用する計画に関し、運営を担う「山王まちづくり」(三浦新社長)が15日、プレ上映会を行うと発表した。10月...

ママチャリ完走目指し 更別「5時間耐久」

 「全日本ママチャリ5時間耐久レース」(実行委員会主催)が5日、更別村の十勝スピードウェイで行われた。自動車レースの舞台となるコースを、39チーム約260人が自転車で完走を目指して駆け抜けた。 ...

荘内日報社

庄内の武家文化と歴史紹介 「藩主の宝・藩士の宝展」始まる (酒井家庄内入部4..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠久館長)で3日、酒井家庄内入部400年記念プレ企画展「藩主の宝・藩士の宝展」が始まり、旧庄内藩酒井家や旧家臣の家に伝わってきた武具や掛け軸、茶道具などを通じ、庄内の武家文化...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク