全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

台町「相馬樓」×「山王くらぶ」 夕涼みさんぽ満喫(酒田)

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)、「山王くらぶ」(指定管理者・チアーズ)による合同イベント「台町夕涼みさんぽ」が7日夜、両館などで行われ、ライトアップを施しながら午後8時まで開館時間を延長。相馬樓は酒田舞娘の踊り鑑賞会、山王くらぶではプロジェクションマッピングで夜のにぎわいを演出した。

浴衣姿の来館者が酒田舞娘と記念写真=相馬樓

 「混雑のあまり肩がぶつかって、まっすぐ歩けなかった」と回顧する人がいるほど、数多くの飲食店が軒を並べ、行き来する市民らでにぎわうなど酒田の繁栄・栄華の象徴だった台町かいわい(日吉町一丁目、同二丁目、船場町一丁目など)に位置し、往時の料亭文化を今に伝える両館が今回、夜のにぎわい創出、酒田の思い出づくりに向け、東北デスティネーションキャンペーンに合わせて企画した。

 両館とも夜の営業は午後5時にスタート。相馬樓では同6時から、同7時からの2回、地方の小鈴姐さんの三味線演奏に合わせて酒田舞娘が「花笠音頭」など3番を披露。行楽客らは冷たい飲み物、甘味を味わいながら優雅な舞を鑑賞していた。一方、山王くらぶのプロジェクションマッピングは、市内のウェブ制作会社「AddWill」の武田悠社長(24)=同市上安町二丁目=が手掛けたもの。「元気よ、届け」をテーマにした映像が傘福が立ち並ぶ大広間、出入り口脇にあるふすま絵を華やかに演出。訪れた人は音楽とリンクしたその映像に「きれい」と見入っていた。

 両館とも浴衣姿での来館者には各種特典があった他、両館を巡って平田牧場商品などが当たる福引も。数量限定で青竹ちょうちんのプレゼントもあり、これを手に早速、周囲を散策するなど夜の酒田を満喫していた。同様のイベントは14日(土)にも行われる。問い合わせは山王くらぶ=電0234(22)0146、相馬樓=同(21)2310=へ。

山王くらぶ大広間を華やかに演出したプロジェクションマッピング

関連記事

ゲレンデ 自転車で駆けて 芽室で来月ツアー

 芽室町内のNPO法人Qucurcus(ククルクス、永井健士代表理事)は、2月の毎週日曜にメムロスキー場(町中美生2線)で「ガイド付きファットバイクダウンヒルツアー」を開く。昨年まで実施し好評だっ...

漂着ごみはどこから 離島ターミナルで企画展 27日まで

 ユーグレナ石垣港離島ターミナルで開催中の海洋漂着物企画「漂着ごみはどこから来るの?」(環境省石垣保護官事務所主催)の展示会が27日までとなっている。  同展示会は、八重山の海岸に滞留している...

荘内日報社

「紅花の守人」「丸八やたら漬」 映画撮影の思い 鶴岡まちキネ 佐藤監督と髙..

 山形県を舞台にしたドキュメンタリー映画「紅花の守人(もりびと)」と「丸八やたら漬 Komian」を上映中の鶴岡まちなかキネマで15日、両作品の監督・佐藤広一(こういち)さん(44)=天童市在住=とプ...

八重山古典民謡保存会 2年ぶり新春演奏会 45周年へ心一つに

 八重山古典民謡保存会(大浜修会長)の新春演奏会が16日夕、大川公民館で開かれ、会員25人余りが鷲ぬ鳥節や目出度節など全14曲を披露した。演奏会は2年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク