全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

能代役七夕「シャチ流し」 燃える灯籠水面赤く

点火されるシャチ灯籠(7日午後8時ごろ、能代市の能代港下浜ふ頭で)

 能代伝統「役七夕」は7日、運行当番の柳若組が能代市の能代港下浜ふ頭で「シャチ流し」を行った。哀調のはやしが奏でられ、ちょうちんで見送られる中、炎に包まれた5基のシャチ灯籠は水面を赤く染め、柳若組による1年越しの役七夕は幕を閉じた。
 柳若組は昨年が運行当番の年となっていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で1年延期。役七夕は五町組による輪番制で5年に1度、運行の当番が回ってくるが、他の町組が柳若組の運行繰り延べを容認した。
 新型コロナによって運行人員や運営費の確保などが厳しさを増す中、1年越しの役七夕となった6日、運行を取り仕切る大丁・新柳若と住若が城郭灯籠、親丁・柳若と柳新若、栄若はシャチ灯籠、後若は高張ちょうちんを出して市街地を練り歩き、2年ぶりの役七夕を地域に披露した。
 7日は午後5時すぎに6若がそろって運行を始め、能代港下浜ふ頭を目指した。感染拡大防止の観点から現地はバリケードを設置して見物客を規制し、柳若組関係者のみでシャチ流しに臨んだ。
 道中ばやしから哀調を帯びた流しのはやしに変わり、午後8時ごろに5基のシャチ灯籠に点火されると、勢いよく炎が上がり、水面と夜空を赤く染め上げた。
 岸壁では関係者がちょうちんを揺らしてシャチ灯籠を見送り、コロナ禍で各若が可能な形態を模索し、運行にこぎ着けた柳若組の役七夕は幕を下ろした。

関連記事

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

宇部日報社

全国学校給食週間、小学校で昭和30年代のメニュー

 宇部市内の全公立小・中学校36校は、食べ物の大切さや、給食が多くの人に支えられていることを考えてもらう機会にしようと、24日から28日までの全国学校給食週間に合わせて特別メニューなどを展開して...

みずみずしい純白の花  珍種シロバナヒカンザクラ咲く 奄美市

 鹿児島県奄美市名瀬大熊の県道81号沿いで珍種のシロバナヒカンザクラが開花し、みずみずしい純白の花が通行人の目を和ませている。  満開を迎えているのは県道沿い3カ所の合計5本。辺りでは濃いピン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク