全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

科学の面白さ児童に 信大農学部研究室が実験体験教室

富岡郁夫准教授(右)の指導で大学構内で採取した花を実体顕微鏡で観察する小学生

 信州大学農学部(長野県南箕輪村)の応用生殖科学研究室は7日、同大学伊那キャンパスで小学5、6年生向けの実験体験教室「ミクロの世界を見てみよう!~夏の風物詩 プランクトンすくい」を行った。30人の子どもたちが顕微鏡を使ってミクロの世界を観察。小さな細胞をつかむことができる「マイクロマニピュレーター付き顕微鏡」を使ってプランクトンをつかまえる体験もした。

 文部科学省の科学研究費助成事業で取り組んでいる最先端の研究成果に触れてもらい、科学の面白さを感じてもらおうと計画したプログラムで、信大農学部では初めての開催。同研究室の富岡郁夫准教授を講師に実験や講義を行い、ミクロの世界を見る楽しさや面白さを体験する機会を提供した。

 「見る」ことの本当の意味を知ることが教室の大きなテーマ。富岡准教授は「私たちは実はほとんど真実の姿を見られていない」と話し、印刷物の文字が点の集合体であることなどを実物を拡大して説明。「ミクロレベルで見ると気付かなかったものが隠されていることが分かる。見えないところまで見る、感じる、気付く力を身に付けてほしい」と呼び掛けた。

 子どもたちは大学構内で採取した植物やセミの抜け殻、鳥の羽根、木の皮などを実体顕微鏡で観察した。鳥の羽根は先端と根元で羽毛の形状が違うことを確かめ、飛ぶための機能や水をはじく機能、体温を保つ機能を想像した。理科が好きで参加したという6年生の女子児童は「自分の目で見て確かめることが楽しい」と瞳を輝かせた。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク