全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

電気自動車の充電器撤去へ 採算合わず

撤去が予定されている電気自動車の充電器(和歌山県田辺市鮎川で)

 和歌山県田辺市内にある全7カ所の「道の駅」に設けられていた電気自動車用充電器のうち、6カ所分が撤去されることになった。民間事業者が国の補助金を活用して設置していたが、利用が少なかったことから採算が合わず、契約を更新しなかったという。
 充電器が撤去されるのは、「ふるさとセンター大塔」(鮎川)、「熊野古道中辺路」(中辺路町近露)、「奥熊野古道ほんぐう」(本宮町伏拝)、「紀州備長炭記念公園」(秋津川)、「龍神」(龍神村龍神)、「龍神ごまさんスカイタワー」(同)。
 いずれも2016年1月に設置された。電気代など維持管理費用は民間事業者が負担しており、市は土地を有料で貸していた。設置費用は1基当たり1千万円近くかかるという。
 市によると、充電器の20年度の利用回数は6カ所合計で1488回。16年度の計596回と比べると増えていたものの、最も利用が多かった「ふるさとセンター大塔」でも1日平均約1・5回にとどまっていた。
 今年3月末に契約の満期を迎えるにあたり、市は更新を希望。しかし、採算の厳しさからかなわなかったという。
 6カ所はいずれも山間部。充電器の設置当時は、走行中のバッテリー切れの不安が軽減され、電気自動車利用者の利便性が向上するとして観光面での効果も期待されていた。
 市観光振興課の担当者は「利用者からは、不便になったという声が市に寄せられた。国が電気自動車の普及を推進している中で、撤去に至ったことは心苦しい」と話している。
 市内の道の駅のうち、「水の郷日高川 龍游」(龍神村福井)については市が14年に設置しており、今後も運用を続ける。市の公共施設では他に、「世界遺産熊野本宮館」(本宮町本宮)にも充電器が設置されている。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク