全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「チョットええとこいなみ」 本で地域を紹介

印南の魅力が満載の本

 和歌山県印南町内で住民らが撮影した写真を掲載し、地域を紹介した本「チョットええとこいなみ」が完成した。県の事業わがまち元気プロジェクト「いなみの魅力発信!『地産外消』プロジェクト」を活用した取り組みの一つ。住民有志でつくる「チョットええとこいなみ実行委員会」(嶋田隆道会長)が主体となって進めた。

 町民に町の素晴らしさを再認識してもらおうと、実行委が、町内の魅力ある光景を撮影した写真のインターネット上での投稿を昨年8月1日から今年7月末まで呼び掛けていた。  写真は約150人から約2千枚が寄せられた。町内の風景や祭りなどのイベント、農作業の様子、大正時代の写真もあり、サイトへのアクセス数は約65万件あった。  本は21センチ四方で113ページ。投稿写真の他に、町内を印南、切目、稲原、切目川、真妻の5地域に分け、名所旧跡、農業や漁業に携わる人を取り上げ、風習や歴史、ワサビやスイカや豆などの特産品の他、焼きサバを使ったかきまぜご飯など食の紹介もしている。約1200冊作った。  実行委事務局の企画政策課は「本は、1年間の投稿を含めた実行委の活動の集大成。町の魅力を町内外にPRでき、近くネットで公開する予定。投稿写真は実行委のフェイスブックで見ることができる」と話している。

関連記事

「クシティの日」で関連行事 講演会や川柳表彰式

 【与那国】12月の第二日曜日は「クシティの日」。町は9日、町農業構造改善センターで「第2回クシティの日」の関連行事が行い、クシティ栽培の現状やクシティの可能性についての講演会を開いたほか、町民か...

長野日報社

「ヘルプマーク」徐々に浸透 継続的な周知大事

 日常生活で援助や配慮を必要とする人が周囲に知らせるために身に付ける「ヘルプマーク」が諏訪地域で徐々に浸透しつつある。県が7月から全県で取り組み、諏訪6市町村の福祉担当窓口と県諏訪保健福祉事務所...

荘内日報社

西郷隆盛との交流で伝わる「酒井家の鶏飯」 DCの目玉料理に

 鶴岡市の庄交コーポレーション・東京第一ホテル鶴岡は13日、明治維新後の西郷隆盛と旧庄内藩主・酒井忠篤公の交流を通じて酒井家に代々伝わる、鹿児島名物料理「鶏飯(けいはん)」を取り入れた食事メニュー「...

紀伊民報社

駅前に二偉人「そろい踏み」 弁慶像近くに盛平記念碑

 JR紀伊田辺駅前の弁慶広場(和歌山県田辺市湊)に、合気道の開祖・植芝盛平の記念石碑が移設された。仁王立ちしてにらみを利かす弁慶像と石碑。田辺三偉人のうち、「2人」が広場の両端にそろい踏みして、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク