全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「チョットええとこいなみ」 本で地域を紹介

印南の魅力が満載の本

 和歌山県印南町内で住民らが撮影した写真を掲載し、地域を紹介した本「チョットええとこいなみ」が完成した。県の事業わがまち元気プロジェクト「いなみの魅力発信!『地産外消』プロジェクト」を活用した取り組みの一つ。住民有志でつくる「チョットええとこいなみ実行委員会」(嶋田隆道会長)が主体となって進めた。

 町民に町の素晴らしさを再認識してもらおうと、実行委が、町内の魅力ある光景を撮影した写真のインターネット上での投稿を昨年8月1日から今年7月末まで呼び掛けていた。  写真は約150人から約2千枚が寄せられた。町内の風景や祭りなどのイベント、農作業の様子、大正時代の写真もあり、サイトへのアクセス数は約65万件あった。  本は21センチ四方で113ページ。投稿写真の他に、町内を印南、切目、稲原、切目川、真妻の5地域に分け、名所旧跡、農業や漁業に携わる人を取り上げ、風習や歴史、ワサビやスイカや豆などの特産品の他、焼きサバを使ったかきまぜご飯など食の紹介もしている。約1200冊作った。  実行委事務局の企画政策課は「本は、1年間の投稿を含めた実行委の活動の集大成。町の魅力を町内外にPRでき、近くネットで公開する予定。投稿写真は実行委のフェイスブックで見ることができる」と話している。

関連記事

釧路新聞社

万一に備えHV車の救助訓練/釧路市消防本部

 いざという時に備え、釧路市消防本部で16日、高電圧バッテリーを搭載したハイブリッド車(HV)の救助活動時の注意点などを学ぶ研修が行われた。ガソリン車、HV車を比較しながら、車両の一部を実際に解...

故郷の歌と踊り楽しむ 在沖白保郷友会が道遊び

 【浦添】在沖白保郷友会(米盛守会長)の「道遊び」が13日、浦添市てだこホール広場で行われ、大勢の郷友とその家族らが故郷の歌や踊りを楽しみながら交流した。  在沖八重山郷友会連合会の半嶺当友会...

長野日報社

消費税率10%に不安と戸惑い 諏訪地方の声

 安倍晋三首相が2019年10月から、消費税率を8%から10%に予定通り引き上げる方針を表明した。消費者からは「生活への影響は大きい」と不安の声が上がる。生活必需品の一部は税率を8%に据え置く...

奥三河の道の駅めぐる「キャノンボール」

道交法守り設定時間に近づけるバイクイベント  新城市と北設楽郡3町村、豊田市内の奥三河にある7つの道の駅を回るバイクのツーリングイベント「オン・タイム・キャノンボール」が21日、新城市八束穂の道の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク