全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「県民の誇り!」 家族ら屋比久選手の快挙称賛

関係者らが寄せ書きした日の丸を飾り、息子を応援した父保さんと母直美さん(左から)=2日、宜野湾市(提供)

 「本当に強かった」、「どきどきが止まらない」、「県民の誇り」―。男子グレコローマンスタイル77㌔級で銅メダルを獲得した屋比久翔平選手の快挙に地元沖縄が沸いた。五輪個人競技で県出身者初となるメダル獲得。宜野湾市の家族、石垣市の親族から祝福と称賛の声が上がった。

 母・直美さん宅=宜野湾市=と叔父の長間靖さん宅=石垣市白保=はそれぞれスマートフォンで競技会場とライブ中継をつなぎ、試合を終えた屋比久選手を画面越しで祝福。「翔平おめでとう」、「よく頑張った」と声をかけ悲願のメダル獲得をともに喜んだ。

 直美さん(52)は「高校生など翔平を目標にしている子たちも多くて、背負うものは大きかったと思う。今まで見たことのない投げ方をしていて、銅メダルにかける思いや絶対に勝つという気持ちが伝わってきた。本当に強かった。えらい」と息子の奮闘をたたえた。「家族とも1カ月近く離れていたのでゆっくり休んでほしい。次のパリ五輪も狙えると思うのでやれるところまで頑張ってくれたら」とさらなる飛躍に期待した。

 祖母・渡久山ミヨさん(81)は「みんなで泣きながら万歳をした。『よかったね、よく頑張ったね』と声をかけたい」と感涙。「今まで見てきた中で最高の試合だった。今後もけがや体に気を付けて頑張ってほしい」と世界を相手に戦った孫をねぎらった。

 白保で応援した叔父・靖さん(59)は「心臓のどきどきが止まらない。本当にやってくれた」と大興奮。投げ技による逆転で勝ちを確信したと言い「翔平の実力が発揮された最高の試合だった。夢がかなって良かった」と喜んだ。

 うれしさのあまりテレビの前で叫んだという叔母のみつるさん(59)は「父の保さんから習った最後まで前に出る翔平の得意なスタイルが生きたと思う。まだ実感はないがとにかくうれしい」とこみあげる喜びをかみしめ、いとこの絵里菜さん(36)は「メダルをとってくれると信じていた。最後はかっこよく決めてくれた。本当に誇らしい」と胸を張った。

 在沖白浜郷友会の会員らはそれぞれの自宅で応援。長谷川隆会長は「『郷土の誇り』の一言に尽きる。根性が本当に素晴らしい。少し休んで、今後はさらに上を目指してほしい」と島の後輩にエールを送った。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク